3G→4Gへ機種変更時に注意したい3つのポイント

ども。
先日206SHに機種変更してからというもの、あまりの快適な動作にちょっとだけ
自慢げになってるおっさんです。
さて、今回「My Softbank」で料金を確認してみたら驚いてしまったので
記事にしてみます。

スポンサーリンク

1.3Gと4Gではもちろん価格設定が違います。

料金体系については、契約時にソフトバンクショップの定員さんから聞いていたので
この点についてはあまり驚かなかったですが、知らない人もいるかと思うので
あえて書いてみます。

私はイーモバイルのPocketWifiを利用してパケット通信をしているので
基本的にスマホ側のパケット定額というのは不要なんですね。できれば契約したくない
レベルなんですが、もしもの時を考えてパケット定額にしていました。

106SH(3G)の時は、2段階のパケット定額「パケットし放題S for スマートフォン」の
契約をしていました。
なので、全くパケット通信をしなかった月の料金は「390円(税込)」で抑えられたのです。

それが4G回線契約となると、これが通用しないんです。
全くの別物らしく、料金が跳ね上がります。同じ2段階のパケット定額ではありますが
「パケットし放題 for 4G」は最低でも「2,100円」かかるんです。
実は私のような使い方をしている人がこの価格差が響きます。

契約プラン3G回線契約4G回線契約差額
最低料金上限金額最低料金上限金額
パケットし放題S390円5,985円2,100円6,510円525円~1,710円
パケットし放題フラット5,460円5,985円525円

上の表を見て頂ければ分かりますが、通常、パケット定額の上限値までいっちゃう人
は3Gから4Gにしてもたった525円だけの差ですのであまり大したことはないのですが
最低料金だけに抑えようとしている人にとってはかなり痛いですのでご注意を。

2.機種変更によるパケット定額は日割りにならない

3G回線契約時の料金明細と4Gへ機種変更した際の料金明細をご覧下さい。
ソフトバンク料金明細

私の請求締日は毎月10日となっており、今回機種変更したのは8月9日です。
で、実際の請求額を見るとパケット定額がいきなり2,100円になっちゃってます。

日割りにはならないんですねぇ~、こんなの説明受けてなかった気がしますが・・・
なので、機種変更をする場合は締日の直前には行わないようにご注意下さい。

3.機種変更すると「月々割」が前月分からなくなります

月々割
これも説明を受けたような受けてないようなって感じですが、決まりなので
しょうがないですね。
機種変更をすると、機種変更月の前月で終了となるようです。つまり、
機種変更前の端末料金を月々割なしの価格で支払わないといけないということです。

スマホを一括購入しているようなお金持ちの方には無縁かもしれませんが、
割賦契約している場合には、ご注意下さい。

以上がソフトバンク3Gから4Gへ機種変更する際の3つの注意点です。
にしても、私のポンコツ106SHに対して残額がまだこんなにあるのかと思うと
ショックでなりません。。。。。
106shの残額

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク