グッズ

【公開日】

マウントアダプタでiPadをサブディスプレイに!Macbookにデュアルディスプレイ環境を。

この記事の所要時間: 214

Mountie

Macbookを使っているとどうしても画面(作業)領域が小さすぎて困ってしまうときがあります。そんな時は、iPadをサブディスプレイにするアプリ「Duet Displayを入れれば画面領域を拡大させることは可能。

ただ、MacbookとiPadの置き場が離れていると目線を動かすのが大変になってくるので、ちょっと疲れる。そこで必要になってくるのがMacbook本体とiPadを物理的に接続させるディスプレイマウントアダプタ

で、今回購入したのはTen One Designの「Mountie」。

ディスプレイマウントアダプタMountie

パッと見、オモチャのようなこのマウントアダプタだが、これがまた結構便利。

Mountieを接続

まずはMacbookのディスプレイ側面にこのMountieのプラスチック部分を開いた状態で差し込み、パチッと閉じる。

ディスプレイマウントアダプタMountie

Macbookへの接触箇所はゴムになっているので本体がキズが付くことは一切無く、ガッチリとホールドされます。

マウントアダプタMountie

そしてもう一方にiPadを接続すればマウント完了。写真を見て頂ければ分かると思うが、ちょっとだけ内側に角度が付いているのがミソ。この絶妙な角度によってiPad側の画面が見やすいようになります。

Macbookをデュアルディスプレイ化


Macbookデュアルディスプレイ

Macbook12インチの本体が軽すぎるため、iPadを支えられるのか心配ではありましたが問題は無かったです。

Macbookとipadでデュアルディスプレイ化

ただ、Macbook側のディスプレイをちょっと倒したり、iPadを指で操作したりしてディスプレイが倒れていくとiPadの重さに耐えきれずキーボードが浮いてしまいます。Macbook PROなどちょっと重めのノートパソコンであればそんな問題は無いでしょうね。

Macbookトリプルディスプレイ

こんな感じで、Macbook+外部モニター+iPadでトリプルディスプレイにすることだって可能。トリプルディスプレイにした場合はMacbookのパフォーマンスが低下してしまうため実際にこの環境で作業を行うのは現実的では無いかも知れません。

Macbookにipadをマウント

個人的にはiPad miniを縦型にマウントさせて、Duet Displayでのデュアルディスプレイ化はせずにiPad側はiOSの画面のままにしておくのが一番使いやすいですね。



ピックアップ記事

  1. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  2. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  3. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  4. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  5. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!

関連記事

  1. 2GB通信なんてあっという間

    アプリ

    2GBのデータ通信量なんてあっという間!どのアプリが通信量が多いのか?

    目次序章データ通信量が大きいアプリトップ102GB制限…

  2. デジタルマイクロスコープレビュー

    グッズ

    高解像度マイクロスコープ(SMK-MSUSB2)でSDカードの基盤をチェックしてみた。

    今回、SDカードの基板にキズがあるのかどうかをチェックする仕事…

  3. SmartCover
  4. 今年の汚れは今年のうちに

    グッズ

    大掃除で便利な窓ガラスを簡単にキレイにするグッズ!

    「今年の汚れは今年のうちに!」って、もう大晦日も終わりの頃にこの記…

  5. GoogleMaps登場?

    タブレット

    Google MapsがついにiPadにも正式対応!

    先日5月15日に開催された「Google I/O 2013」で、Goo…

  6. applewatch

    グッズ

    AppleWatchがもう発売?いえ「iWatch」です。さすが中国w

    先日Appleが「AppleWatchを4月24日に発売!」と…

最近の記事

  1. freedconnインカムレビュー
  2. iphone7純正レザーケース
  3. GoogleHomeminiをBluetoothスピーカーにしてみた
  4. ハイコストパフォーマンス自作PC
  5. CANON純正超広角レンズレビュー
PAGE TOP