ヘッドホン・イヤホン

[公開日]2017/07/05
[更新日]2018/02/08

Amazonで高評価のインカム「LEXIN」LX-R6を購入したので音質・使い勝手をレビューしてみる。

最近バイクを購入しちゃいまして、バイクグッズばっかり気になっている私です。
で、今回購入したのは「LEXIN」インカム。スマホやもう一台のインカムとBluetooth接続をすることで音楽を聴きながら相手と会話ができちゃうっていうもの。インカムの有名どころでいうと「B+COM(ビーコム)」とか「COOLROBO EasyTalk3」などがありますが、いずれも高いんですよね。。。とくにB+COMっていったら3万円近くしちゃうので手が出ません。

ということで、Amazonでもベストセラー且つレビュー評価「★★★★(星4つ)」の低価格インカムを購入しました。

このLEXIN R6の音質、使い勝手が良かったら、もう一台購入して奥さんとのツーリング時に音楽と会話を楽しんじゃおうと思っているわけです。

開封するとこんな感じ。
残念なのは、フルフェイス用のマイクセットが無く、ジェットヘルなどと共通のマイクとなります。
一応、日本語マニュアルも付いていて安心です。(変な和訳だけど)

ヘルメットへのインカムインストールは結構簡単

まずは、LEXIN LX-R6本体をどこに設置するか、場所の目星を付けてマウンタ(土台)をヘルメットの隙間に入れ込み挟む感じでネジで固定します。両面テープでの対応も可能ですが、私のヘルメットの形状では平面箇所が無く両面テープでは安定しなかったのでこのマウンタで無理矢理固定してみました。

次にイヤホン部分を設置。ヘルメットのクッションを取り外すと丁度、イヤホンと同等の大きさの凹みがあるので簡単に付けられます。これを左右に取り付けて、あとはケーブルをキレイにヘルメット内部に納めればオッケー。

で、最後にマイクをくっつけて完成です。ここまでで約10分程度でできちゃいました。

「LEXIN」LX-R6の接続方法と音質についてはどうか?

まずは本体を充電しなければならないのですが、この充電ケーブルはミニジャック型っていうのが珍しい。昔のiPod nanoみたいな感じですね。

本体の中央部分が赤く光れば、充電中という意味。約2時間から3時間でフル充電完了です。

で、バイクマークのボタン(親指で隠れてますが)を長押しすると電源オン。そのまま長押しをし続けると青と赤のランプが交互に光り、Bluetoothのペアリング開始が可能になります。

iPhone側では「Motor Phone」と認識されるので、パスコード「0000」を入力してペアリング完了。

LX-R6の音質は?

実際に、iPhoneの音楽を再生しヘルメットをかぶって聞いてみると、ビミョーな音質です。シャカシャカ感がハンパないです。今まで、sudio VASA BLAを使って聴いていたので、それと比較するととてもチープな音質です。まぁ、本来のインカムの目的はツーリング時の会話ですから仕方がないか。

で、カーナビアプリを利用していると音声案内の声が聞き取りづらい。

ただ、ノイズが入って聞きにくいなどストレスを感じるほどの音質では無いので、価格を考えるとこの程度の音質は妥協できるレベルです。

Hey、Siri!は使えるのか?

運転中に「Hey,Siri!」って何度言っても反応はしません。これはボタン操作のみみたいですね。
電話マークを1回ポチって押すとSiriが起動しますので、その後、マイクに向かってしゃべればきちんと使えます。

一応、何度も試してみたところ、「Hey,Siri!」もマイクを通じて有効になることは確認できたのですが、これは周囲の騒音が無いときだけですね。マイクを通じて「Hey,Siri!」が出来たように思えてもそれは、マイクではなく生声をiPhoneが認識していたようです。実際にバイクに乗っている時に大声で「ヘイ、シリーッ!」って何度も叫んでもiPhone側は一切無反応でした。これは近くに人がいたら絶対に怪しまれるパターンのヤツです。なので、ボタン操作でSiriを使うのが一番です。

LX-R6のダメなところを3つ挙げてみる。

ひとつめは、電話がかかってきた際に、着信から3-4秒経過すると自動的に通話が開始されてしまうこと。
例えば運転中には話せない相手(重要な取引先とかだったりすると運転中に会話するのは逆に失礼かも知れない)や知らない番号からの着信だった時に勝手に受話をされてしまうと困りますよね。この仕様はちょっといただけない。。。

そして二つ目の悪いところは、バッテリー残量がわからないところ。実際に使っていると「あと何時間くらい持つのか?」予想もつかないので常に付属の充電ケーブルとモバイルバッテリーを一緒に持っていく必要があるって言うのは非常に面倒くさい。

最後の3つめは、それぞれのボタンが小さいのとボタンの数が多すぎるという点。
ヘルメットに装着してLX-R6本体を操作しようとすると実際にボタンは見えないですよね。だから手先の感触だけで操作するわけですがこれが分からないんです。頭の中でイメージしながらボタンを押そうにもどのボタンを触っているのか「?」って感じです。ましてやグローブをした状態だとなおさらです。

まぁこんな感じですが、あと、数週間使ってみてストレス無く使うことができれば奥さん用にもう1個購入する予定です。

ピックアップ記事

  1. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  2. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  3. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  4. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  5. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …

関連記事

  1. MDR-EX31BN
  2. ノイズキャンセリングヘッドフォン

    ヘッドホン・イヤホン

    周囲の騒音から静寂を取り戻すノイズキャンセリングヘッドホンがスゴい!

    今日プラプラッと秋葉原を徘徊し、ソフマップでウィンドウショッピ…

  3. freedconnインカムレビュー
  4. sudio-tre

    ヘッドホン・イヤホン

    「Sudio TRE」レビュー!こんなスポーツタイプのBluetoothイヤホンが欲しかった!

    私の愛用しているスウェーデン製イヤホン「Sudio(スーディオ…

  5. SUDIOVASA-BLA

    ヘッドホン・イヤホン

    「sudio VASA BLA」レビュー!スウェーデン製高音質Bluetoothイヤホンの評価は?

    先月紹介した北欧(スウェーデン)発の高音質イヤホン「sudio…

  6. Sudioサマーキャンペーン

    ヘッドホン・イヤホン

    オシャレなSudioのイヤホンを割引価格で購入し、トートバッグまでもらっちゃおう!

    過去何度かレビューをしてきたスウェーデン製のオシャレなイヤホン…

最近の記事

  1. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  2. Logicool CraftとMX-master
  3. 高機能マウスMX-MASTER25
  4. ogicool craftコントロールホイール
  5. サイバークリーンでキーボードを除菌
PAGE TOP