タブレット

【公開日】

iPad Pro10.5インチとApple Pencilがあれば仕事で活用できるのか?

この記事の所要時間: 412

iPad Pro10.5とアップルペン

iPadの初期から買っては売って、買っては売っての繰り返しの私。
現在はiPad mini4を持っているのですが、仕事で活用できているのはテザリング機としてだけ。
だってその他のことはほとんどiPhoneでできちゃいますからね。今まで使ってきたiPadも結局仕事上で活用することが出来なかったから、「iPadがあって良かったぁ」ってことがほとんど無かったんですよね。

では、なぜそんな私が今回「iPad Pro 10.5インチ」を購入したのか?レビューも交えながら記事にしてみます。

iPad Proを購入したたったひとつの理由

iPad Pro10.5インチとmini4大きさ比較

iPad Proはみなさんご存じのようにスペックが高くなってサクサク動く新モデルで、サイズがちょっと大きくなってます。mini4と比較すると結構大きく感じますがB5のノートサイズなので大きすぎるという感じは全くしません。

ipadproのキーボード接続端子

で、外観的に変わった点と言えばApple純正のキーボードと直接接続させるための端子が付いた点というところでしょうか。従来まではBluetooth接続だったのでほんのちょっと反応が悪かったりすることがありましたが、Proでは直接接続なので面倒な設定も不要だしタイムラグ無くタイピングすることが可能になっています。

ただ、長年iPadを利用し続けてきた私にとってそんなことはどうでもいいこと。なぜならiPadにキーボードを接続したところでパソコンのように扱うことは出来ないと私なりに結論づけをしていたんですよね。

そもそも私が当初iPadに求めていたのは、システム手帳のように仕事でバリバリ使えそうだったからで、iPad手書きメモアプリはどれが最強か比較してみた!で記事にしているようにスタイラスペンを色々と購入し、手書きメモアプリを活用していました。

ですが結局は、スタイラスペンの使い勝手が悪く、手帳にリアルに書いた方が楽ってことになってiPadは単純にメールのチェックとWEBや動画の閲覧用タブレットに成り下がっちゃってます。

単純にスペックが高くなって、サイズが大きくなったというだけであれば、今持っているmini4だけでも充分で、Proを買う必要なんて無いんですが・・・

そんな私がiPad Proを購入した理由は「Apple Pencilで理想的な手書きが出来るから」である。

iPad ProはApple Pencilありきのタブレット

Appleペンシル

システム手帳のようにiPadを利用したいという私の願いを叶えるのが「Apple Pencil」。

アップルペンシルの利点

従来のiPadでスタイラスペンを利用すると、ディスプレイ部分に手を付けないようにしないとダメなんですよね。もし触れてしまうとその箇所が反応してしまい手書き文字なんて書けやしません。

ですが、Apple Pencilはディスプレイ上に手を置いてもバッチリと手書きが出来ちゃうんです!しかも書き心地が最高なんですっ!

ApplePencilで手書き文字

Apple Pencilの接続方法、ちょっとした難点

ApplePencil充電

Apple Pencilを使うためにはまずは充電をする必要がありますが、付属のアタッチメント(メス・メス)を取り付けて充電します。が、問題はこの付属品とペン側のキャップ。

私には絶対に無くしてしまう自信があります。

ペン側のキャップはマグネットタイプでピタッとくっつくのですが、取り外した後にコロコロと転がっていくので気づかないうちに紛失ってことが容易に想像できます。なので、このパーツの紛失予防のグッズを早急に探さないとって感じです。

ApplePencil接続方法

Apple Pencilを使うためには、iPad Proに↑こんな感じで取り付けてBluetooth接続設定を行います。(自動的に認識されるので迷うことは無いと思います)

Apple Pencilのバッテリーが無くならない限り、iPadのディスプレイにタッチすればいつでもApple Pencilで操作をすることが可能ですが、iPadを再起動した際は、再度本体へ接続する必要があるので注意が必要です。

(よく量販店のデモ機を触ろうとするとApple Pencilが反応しないって事ありますが、あれはiPadを再起動しているからでしょうね。おそらくApple Pencilを本体へ接続してあげればデモ機で体験することが出来るはず)

結局iPad Proは仕事上で活用できるのか?

結論としてはiPad Proは私の理想的なタブレットでした。ただし、Apple Pencilありきです。

私の目的であるシステム手帳のようなタブレットが、まさにApple Pencilで実現できています。手書きメモアプリで毎日のミーティング議事録を記録したり、商談中のメモをスマートにとることが可能になりました。従来のiPadでは実現できなかったこのiPad Proはビジネスマンにとってまさに買いのタブレットです!



ピックアップ記事

  1. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  2. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  3. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  4. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  5. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…

関連記事

  1. OneNote

    タブレット

    いくつものiPad向け手書きメモアプリを利用してきた私が選ぶ、最強のノートアプリ「OneNote」!…

    最強のiPad手書きメモを比較(評価)してみた!で掲載している手書きメ…

  2. ATOK

    タブレット

    酷評の多いiOS用日本語入力ソフト「ATOK」をレビューしてみる。

    みなさんは日本語入力をするときに何を使ってますか?私は…

  3. 最強のメモグッズ

    アプリ

    タブレットの手書きメモアプリかノートか?最終的に行き着いたのはコレ!

    そろそろ新年に向けてスケジュール帳やノートを新調しようと考える時期です…

  4. android

    保護フィルムの貼り方|気泡が入らないプロ並みの方法とは

    せっかく購入したiPhone5、androidスマートフォン,iPad…

  5. アイデアメモonenote

    アプリ

    OneNoteとEvernoteを使い分けて徹底メモ管理

    アイデアやメモなどを管理するには、「Evernote」がめちゃくちゃ便…

  6. noteanytime

    タブレット

    手書きメモアプリNoteAnytimeのアップデートで変わったところ。

    iPad最強の「手書きアプリ」はどれか比較してみた!でまとめてますが…

最近の記事

  1. imac2017と2011比較
  2. sudio-nivaレビュー
  3. SoftBankAirレビュー
  4. freedconnインカムレビュー
  5. iphone7純正レザーケース
PAGE TOP