グッズ

[公開日]2017/11/14

高解像度マイクロスコープ(SMK-MSUSB2)でSDカードの基盤をチェックしてみた。

この記事の所要時間: 212

SMK-MSUSB2

今回、SDカードの基板にキズがあるのかどうかをチェックする仕事があり、虫眼鏡でみてみたものの・・・・ちょっと拡大できたくらいでは基板のチェックなんてできやしません。

ということで、Amazonで最大倍率500倍、しかもパソコンと接続するタイプのデジタルマイクロスコープを購入したのでレビューしてみます。

届いた箱は意外にもちっちゃいという印象。(国語辞典くらいの大きさの箱)

デジタルマイクロスコープ(SMK-MSUSB2)

開封してみると、なんやら色々とパーツがあるが、説明書が一切入っていないのでわけがわかりません。

が、顕微鏡をイメージすれば容易に組立は出来上がりました。

デジタルマイクロスコープレビュー

マイクロスコープ本体(顕微鏡)に付いているUSBコードの途中にはまるでイヤホンのコントローラーのようなものが付いていて、ボタンは写真撮影に使うと言うことはわかるが音量調整のようなつまみは一体何に遣うのだろうか???

デジタルマイクロスコープ(SMK-MSUSB2)レビュー

USBケーブルをパソコンと接続すると、この疑問は「マイクロスコープの先を照らすLEDランプの明るさ調整」とすぐに判明。

ただ、パソコンと接続しただけでは顕微鏡としては使うことができないので、付属のCDに入っているプログラムを利用してパソコンの画面に拡大画像を表示することが出来るようになります。

デジタルマイクロスコープレビュー

で、実際に基板を確認しようとしてもピントが合わず。。。
説明書が無いので色々いじっていたら、マイクロスコープの上部がピント調整ということがわかり、これでバッチリと拡大表示することが可能に。

SDカード分解画像

↑これは今回チェックするSDカードの基板。実はSDカードの中身ってこんな感じなんです。SDカードの大きさの約3分の1程度がデータを格納するための重要部分でその他は空洞なんですよね。

今回はこの基板にキズがあるかないかのチェックなのですが、やはり肉眼ではチェックなんて無理。

マイクロスコープレビュー

この倍率500倍のマイクロスコープで基板を確認すると、上の写真の様に基板の模様まで確認することが出来ました!
今回はオフィスで利用したので、業務目的のためだけにこのマイクロスコープを利用しましたが、これが私物だったら鼻くそとか毛穴とかどうでも良いことに使っちゃうんだろうなぁ。

ピックアップ記事

  1. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  2. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  3. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  4. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  5. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…

関連記事

  1. Xperiaにバンカーリング

    グッズ

    粗悪品に注意!Xperiaタブレットにバンカーリングをつけてみた!

    先日新型のバンカーリングについて書きましたが、新型のEssential…

  2. 防災グッズまとめ

    グッズ

    大震災から4年。黙祷を捧げると共に防災グッズを再確認してみよう。

    2011年3月11日に起きた「東日本大震災」。私の親族(宮…

  3. ひかりTVを外出先から録画予約

    アプリ

    ひかりTV(ST-3200)のネットを使った便利な録画機能

    さて、先日契約をした「ひかりTV(ST-3200)」ですが、しばらくは…

  4. 整理手帳とショットノート

    グッズ

    超整理手帳がショットノートと連携してかなり便利に!

    以前紹介した、講談社の「超整理手帳」がアップデートしてさらにiPad史…

  5. ステッカーファインド
  6. サブディスプレイマウントアダプタ

    グッズ

    マウントアダプタでiPadをサブディスプレイに!Macbookにデュアルディスプレイ環境を。

    Macbookを使っているとどうしても画面(作業)領域が小さす…

最近の記事

  1. スマート留守電レビュー
  2. MacやWindowsを一つのマウスで操作可能にするSynergy
  3. ZOZOSUIT
  4. imac2017と2011比較
  5. sudio-nivaレビュー
PAGE TOP