グッズ

[公開日]2017/11/22
[更新日]2017/11/21

もうウィルキンソンを買わなくても済む。自宅で強炭酸水を簡単に作れるソーダストリーム!

ソーダストリームレビュー

ここ数年ハマり続けている炭酸水。世間でも炭酸水ブームは未だに継続されています。炭酸水は「血行促進」「疲労回復」「整腸作用」といった効能があるし、なんと言ってもあの「スカッ」とする炭酸がとても気持ちがイイですよね。特に風呂上がりの炭酸水は最高です。

炭酸水は多くの種類が販売されてますが、個人的に一番「スカッ」とする強炭酸水は「ウィルキンソン」だと思っています。なので、ウィルキンソンを毎日のように買い続けてきていましたが、やっぱり毎日となってくるとコストも結構かさみます。1日500mlのペットボトルを2本以上飲み続けていたので1ヶ月で少なくとも6000円程度はかかっているわけです。そこで、毎日ウィルキンソン並みの炭酸水を低コストで飲み続けられないかと購入したのが、この「ソーダストリーム」。(500mlの「ヒューズボトル2本セット」も同時に購入しました)

ソーダストリームには何種類かラインナップがあるのですが、私が購入したのは一番安いモデルの「ソーダストリーム Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス) スターターキット」。(店員に種類の違いを聞いたところ、大きな違いはヒューズボトルを取り付けるのが簡単かどうかという点だったので)

ソーダストリームレビュー

まずはスターターキットに付属しているガスシリンダーをソーダストリーム本体に取り付けて、付属の純正ヒューズボトルをクルクル回して取り付けるのだが、ここで疑問が。

「市販のペットボトルでもいいじゃ無いか?」と。

ソーダストリームペットボトル比較

で、市販のペットボトルを取り付けてみようとすると、サイズが全然違うんですよね。市販のペットボトルの口が直径約25mmに対して、ソーダストリーム用の純正ヒューズボトルの口は約35mmなので全然合いません。。。

ですが、無理矢理、市販のペットボトルに水を入れて炭酸を注入しようとしてみたところ・・・・・・・・炭酸の勢いで水が溢れだし周囲をビチャビチャにしてしまいました。。。。やっぱり純正モノを使うしか無さそうです。

ソーダストリームレビュー

ということで純正のヒューズボトル(1リットル)を素直にクルクルと差し込みます。

炭酸は冷たい水に溶けやすい

ソーダストリームレビュー

準備するヒューズボトルにはできるだけ冷えた水を入れると良いので、私はいつも氷を入れた状態でセットしています。(炭酸の勢いで氷はあっという間に溶けて無くなります)

そして、ボタンを押して炭酸を注入っ!!!

「プシューーーーーーッ」

1リットルの水をウィルキンソン並みの強炭酸水にするには約3秒押しを3回すると強烈な炭酸水になります。(2回では弱炭酸って感じです)この炭酸注入を何度も無駄にやり続けてしまうとあっという間にガスが無くなってしまい、ガスシリンダーを交換しないといけなくなるので注意が必要です。

で、このヒューズボトルを取り外します。取り外す際に「プシュッ」と気が抜けるような感じがしますが、意外にも炭酸が抜けた感じがせず、翌日でも強炭酸のまま飲むことが可能なくらいです。

ソーダストリームレビュー

出来上がりがこちら↑。まるでウィルキンソンを飲んでいるかのような強炭酸水が出来上がりました。

ソーダストリームを使い続けて約3ヶ月経過して分かったこと

まず、ソーダストリームを使うようになってからというもの、炭酸水の消費量がハンパなく増えました。だって手軽に作れちゃいますからね。スーパーやコンビニに買いに行く必要も無いし、買い物袋が無駄に重たくなることも無くなりました。しかも、手軽に作れちゃうから、今まで躊躇していた炭酸水で洗顔、炭酸水でシャンプーといったことが出来るようになったというのは結構嬉しい。

最初のうちは無駄に炭酸を注入しすぎて、500mlを40本程度作ったところでガスが無くなりました。が、現在では炭酸注入の加減が分かってきたので500mlのペットボトル60本くらいはイケる感じです。ガスシリンダーを購入する際は、ガスが無くなったシリンダーと新品を交換という形にすると、たった2,000円で購入することができます。

2,000円で500mlのペットボトル60本分なので、だいたい1本あたり33円計算になります。これはもうめちゃくちゃお得ですよっ!私のように炭酸水を毎日愛飲している人には絶対におすすめの一品です!

ピックアップ記事

  1. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  2. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  3. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  4. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  5. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…

関連記事

  1. EYE-FI Mobi

    グッズ

    Eye-Fi Mobiでデジカメとスマートフォンを連携させる!

    ※Eye-Fiを提供していたアイファイジャパン株式会社はすでに解散して…

  2. Scansnap-ix500レビュー

    グッズ

    ScanSnap iX500とEvernoteを連携させて溜まりまくった書類などを断捨離してみた!

    長年ずーっと保管し続けてきた書類の山。捨てようと思っても、「い…

  3. 紛失防止タグ「TrackR」

    グッズ

    「なくすを、なくす」ならTrackR(トラッカー)の方が超絶便利!おすすめの紛失防止グッズ。

    「なくすを、なくす」というキャッチコピーで話題となっている紛失…

  4. カセットガスストーブレビュー

    グッズ

    カセットガスストーブは暖まるのか?2ヶ月間使ってみた感想。

    入浴時のヒートショック対策として購入したIwatani「カセットガスス…

  5. iwatchイメージ

    グッズ

    噂のApple「iWatch」はこんな感じトップ5!

    そろそろAppleから「iWatch」の発表が期待されるんじゃないかと…

  6. DJI Sparkレビュー

    カメラ

    はじめてのドローンレビュー!DJI Sparkを買ったのは正解だったのか!?Mavic Airの方が…

    テレビ番組を見てると、「あっ、これドローンで撮影してる!!」っ…

最近の記事

  1. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  2. Logicool CraftとMX-master
  3. 高機能マウスMX-MASTER25
  4. ogicool craftコントロールホイール
  5. サイバークリーンでキーボードを除菌
PAGE TOP