AppleWatch

[公開日]2018/11/05

Apple Watch Series4を購入。Series2と比べて使い勝手はどうなのか?1ヶ月以上使ってみた感想。

applewatch4パッケージ

2018年9月21日に待望のApple Watch Series4が発売されましたね。

ずーっと、Series2を利用してきた私にとってこのSeries4の発売日は首を長くして待っていました。そして、発売日にヨドバシカメラでサクッと購入!本当はゴールドが欲しかったのですが、在庫が無いってことで仕方なくスペースグレイアルミニウムに。

なぜ、Series2を持っているのに、このSeries4が欲しかったのか?

その理由は、「Series2では動作がモッサリ過ぎる!そして、動作が不安定!」この2点。

特に、ランニングする際にワークアウトのアプリを起動させると、スタート画面が表示されるまで数秒間も待たないとイケない。これが結構ストレスなんですよね。しかも、ワークアウト完了時にアプリを終了させるとフリーズしちゃって、そのデータが吹っ飛んでしまい、ログとして残らないってのは致命的でした。

今回のSeries4はスペックも格段に上がっているってことで、このモッサリ感が改善されると思うとワクワクしちゃいます。

Apple Watch Series2/3/4のスペック比較

では、気になるスペックを比較してみます。

Series4 Series3 Series2
CPU S4(64bit デュアルコア)
S3と比べて最大2倍高速
S3(デュアルコア)
S2と比べて最大70%高速
S2デュアルコア
心拍計 電気心拍センサー
+第2世代の光学式心拍センサー
光学式心拍センサー 心拍センサー
容量 16GB 16GB(Cellularモデル)
8GB(GPSモデル)
8GB
Bluetooth規格 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.0

CPUで言えば、Series4はSeries2よりもナント最大3.4倍も高速なんです!そして、容量も倍の16GBであればもうモッサリ感なんか感じさせませんよね。

GPSモデルか?Cellularモデルか?

AppleWatchにはGPSモデルとCellularモデルの2種類があります。

GPS + Cellularモデル
Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)は、GPSモデルのすべての機能に加えて、携帯電話通信機能を内蔵しています。そのため、iPhoneを持っていない時でも、電話をかけたり、受けたり、メッセージを送受信したり、通知を受けたり、Apple MusicやApple Podcastをストリーミングで楽しむことができます。

引用:Apple公式サイト

Cellularモデルであれば、手元にiPhoneが無くても電話が出来るし、以前のように紛失したとしても場所が分かるって言うのはめちゃくちゃ魅力的なモデルです。

ですが、Cellularモデルだと、各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアのみ)と別途、月額500円前後のオプション契約をしないといけないらしいし、そもそもAppleWatch本体の価格も1万円ほど高くなります。そして、Apple Watch本体で通信を行うとバッテリーの消耗が激しいっていう話を聞いたので今回はCellularモデルではなく、GPSモデルにしました

AppleWatch Series4を開封

パッケージを開封するとこんな感じです。Series2とは若干違いますね。

applewatch4ケース

本体はこんな感じでカバーが付いてました。

applewatch4本体

以前までは最初からバンドが付いていたような気がしますが、Series4では自分でバンドを付ける必要があります。

Series2と大きさの比較をしてみる

Series2と4の大きさ比較

Series4では、画面が大きくなったという点も大きなポイントではありますが、パッと見あまり変わりません。でも、実際に手首に付けてみると、画面が大きくなっていることがバッチリ感じ取れます。

画面が若干大きくなったことで、非常に見やすくなった感じを受けます。

Series4を1ヶ月以上使ってみての感想

applewatch4を装着

前述したように、CPUの性能が向上したことによる恩恵が大きいですね。
Series2と比較しても圧倒的にサクサクと動いてくれます。

今までのようなモッサリ感は一切感じさせず、とても高速に反応してくれるので、「めちゃくちゃイイ感じっ!」です。初期型のAppleWatchやSeries2を使っている人には、買い換えを薦めたくなるほどです。

ピックアップ記事

  1. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  2. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  3. コピペもバッチリ!Logicoolの「FLOW」でWindowsとMacをひとつ…
  4. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  5. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…

関連記事

  1. AppleWatchはサウナで使えるか?

    AppleWatch

    Apple Watchはサウナで使っても問題は無いのか?検証してみた。

    充電時以外にはほとんどApple Watchを身に付けている私…

  2. アップルウォッチ2ND

    AppleWatch

    無くして分かるApple Watchの便利な4つのポイント。慣れると手放せません。

    前回、Apple Watch(シリーズ2)を無くしてから1ヶ月が経…

  3. iPhoneを探す
  4. アップルストア陳列

    AppleWatch

    Xperiaユーザーの私がApple Watch Series2をゲットした結果。

    つい先日、会社に大きな貢献をする実績を上げまして社長からプレゼ…

  5. AppleWatchペアリング中

最近の記事

  1. AppleWatchはサウナで使えるか?
  2. MESH-Wi-Fi-DECO-M5
  3. Sidecarでデュアルディスプレイ環境
  4. GoProアクセサリ3wayレビュー
  5. 圧縮タオルレビュー
PAGE TOP