グッズ

[公開日]2019/02/01
[更新日]2019/02/05

切れ味抜群の裁断機とScanSnapで書籍を電子化!「自炊」する際、した後のポイントを解説してみる。

自炊後の書籍

一昔前に大流行した「自炊」。

漫画本や雑誌、書籍などを電子化することを自炊というのですが、先日「ScanSnap iX500」を購入したことで今さらながら私もこの自炊をやってみようと、仕事部屋においてある全ての書籍を電子化して断捨離を行うことにしました。

まず、自炊するために必要な物は「裁断機」です。カッターでチマチマとカットしても良いのですが、これだと相当な労力が必要になります。1冊、2冊というレベルであればこれでも良いのでしょうが、数十冊という書籍をカットしようとするとカッターではとてもじゃないけど時間がかかりすぎます。

ということで裁断機が必須となるわけですが、この裁断機選びはとっても重要!

裁断機もピンキリで、数千円のものから数万円というものがありますが、安い裁断機は正直、自炊には向きません。なぜなら、安い裁断機は数ページ分のカットしか出来ないため、分厚い書籍を自炊するためには1冊を数ページ単位に分割をして、それを裁断機でカットするという非常に手間のかかる作業が発生するからです。これだと、カッターでやっても同じかなって感じです。

なので、裁断機を購入するのであれば分厚い書籍も1回でスパッと切れるものを選んだ方が絶対に良いです!

そこで、私が選んだのは「大型ペーパーカッター(ディスクカッター) 業務用 DS-858A4」。

マジで感動するほどの切れ味!分厚い書籍もスパッと切れる!

自炊レビュー分厚い書籍も切れる裁断機

では、早速3cmほどの厚みのある書籍をカットしてみます。

裁断機にこの本をセットするのですが、その際の注意点としては、「裁断後は全ページがバラバラにならないとイケない」ということ。ということで、書籍のノリの部分を考慮してセットをします。

裁断機で分厚い書籍をカット

カットする部分を決めたら、ガッチリとセットしてレバーを下げるだけ。
DS-858A4は、さすが業務用と謳っているだけあって分厚い書籍でもそんなに力を入れずともスパッと切れます。マジで感動するほどの切れ味です。

裁断機の切れ味

はい、こんな感じで綺麗に切れてますね。ここまでの作業はわずか数十秒。カッターではこうはいきません。

4cmほどの書籍も簡単裁断

よくコンビニなどで売っている4cmほどの厚みのある、分厚い漫画本も写真の様に簡単にスパッと切れます。この厚さが切れるのであればほとんどの書籍は問題ないですよね。

ScanSnap iX500で書籍をスキャン

Scansnapで自炊

書籍の裁断が完了したら、あとはScanSnap側の設定後、一気にスキャンを行います。

ScanSnapでスキャンをする際には、1冊分を間を空けずに一気にスキャンする必要があります。間を空けてしまうと、複数のデータが出来上がってしまいます。(まぁ、あとでPDFデータを結合すれば良いんですけどね。)

Scansnapの便利な部分

大量の書籍をスキャンするとわかるのですが、このScanSnapのフラットな部分があるので、大量の紙をセットする前にここで一度「トントンッ」と整えることが出来るんですよね〜。これはなにげに便利な構造です。

自炊後のPDFデータは、ビューワーアプリの選択も重要

自炊した後のデータは、パソコンやタブレットで閲覧することになるわけですが、私の場合、ほとんどパソコンでは見ずにiPadで見る事になります。そこで重要なのが「ページめくりの方向」です。

最初、Google Playブックスというアプリを利用してPDFデータを見たのですが、このアプリだとページめくりの方向が右から左方向に統一(左開き)されているため、書籍の種類によっては非常に気持ちが悪いんです。

電子書籍のページめくり

例えば上の様な縦型の文章の場合、目線は右から左へ流れていくので、ページをめくるのは「左から右へ(右開き)」にならないと気持ち悪くなります。この変な現象を修正するにはアプリ上では出来ず、おおもとのPDFデータをAcrobatを利用して編集しないとイケないのですが、それはとても面倒だし、不便。

ということで見つけたアプリが「i文庫HD」。

i文庫HD

i文庫HD

このアプリであれば、設定で「右開き」「左開き」を書籍によって切替が出来るのでとても便利。有料アプリではありますが、特に面倒くさい作業を行わずともスマートに電子書籍を快適に閲覧することが可能になったのでとても重宝しています。

ということで、今回約100冊近い書籍を自炊して、全てPDFデータにしたことで私の仕事部屋は超スッキリです。

ピックアップ記事

  1. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  2. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  3. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  4. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  5. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…

関連記事

  1. ogicool craftコントロールホイール
  2. Minisuiteキーボード

    グッズ

    iPad miniをMacbook風にするBluetoothキーボードを買ってみた!

    iPad miniでメールや文章を作成する際、画面上のキーボードだと画…

  3. グッズ

    キーホルダーに付けておけば安心!USB Type-Cへの変換コネクタが便利すぎる。

    前回に引き続き、CHOETECHさんから商品提供を受けておりま…

  4. ソフトバンクモバイルシアター

    グッズ

    モバイルシアター(502ZT)って本当に必要?実機を触ってみた感想。

    先日ケーズデンキに立ち寄ってみたところ、スマホコーナーになにや…

  5. 自撮り棒ビフォーアフター

    グッズ

    話題の「自撮り棒(Bluetoothシャッター)」を購入したのでレビュー!

    今話題のBluetooth接続でシャッターを押す「自撮り棒(じどりぼう…

  6. グッズ

    モバイルバッテリーANKER Asto Miniを買ってみたのでレビューしてみる。

    2011年3月11日に起きた東日本大震災の時に購入したモバイル…

最近の記事

  1. ネックスピーカーSRS-WS1レビュー
  2. SmartKeyboardレビュー
  3. ハズキルーペと老眼鏡の違い
  4. Macbook Air2019モデル
  5. 圧縮トラベルバッグレビュー
PAGE TOP