グッズ

[公開日]2019/02/02
[更新日]2019/02/05

紛失防止グッズ「TrackR」をやめて「MAMORIO(マモリオ)」に乗り換えてみた。

MAMORIO購入レビュー

以前、キーホルダーや財布などの紛失防止グッズとして紹介した「TrackR(トラッカー)」ですが・・・

TrackRを半年ほど使ってみたところ、ほとんど役に立ってないという状況になっていました。気づいたら電池切れになってるし、アプリを確認しても本体との通信(接続)がほとんどされていないという事がわかり、「こりゃダメだ」という結果に行き着きました。

そして、乗換製品として決めたのが、純国産製品の「MAMORIO(マモリオ)」です。

MAMORIOに決めたポイントとは

この手の製品で重要なのは、紛失した時に「それが今どこにあるのか?」がわかるという事。

MAMORIOやTrackRを含めた類似商品の特長としては、「周囲のユーザーが対象物を通過した際に、ユーザーの位置情報を自動的に共有し、持ち主に知らせる」という点です。

つまり、ユーザー数が多ければ多いほど紛失した際に見つける確率が高くなると言うこと。ユーザー数でいうと、やっぱり国内発の「MAMORIO」は圧倒的に多いので他社製品と比較しても有利ですね。

MAMORIOを購入した際の最大のポイントは「メトロやJRと提携している」という点でした。

東京メトロと共同で「お忘れ物自動通知サービス」を開始します。
本日、東京メトロと共同で、東京メトロ全線の落し物を検知出来るMAMORIO Spotを活用した「お忘れ物自動通知サービス」の開始をリリース致しました。

【東京メトロ】お忘れ物自動通知サービスの実証実験を実施します
http://www.tokyometro.jp/news/2017/188826.html

この取り組みによって、東京メトロ各線で集められた落し物が「お忘れ物総合取扱所(飯田橋駅構内)」に届くと、MAMORIOが付いているものに関してはお客様のスマートフォンにこのように通知されます。

- MAMORIO公式ブログより抜粋 -

東京メトロ沿線に住む私にとっては、このサービスは刺さりましたね。しかも、この「MAMORIO spot」は順次拡大されており、現在では郵便局やJR西日本でもサービスを拡大展開しているっていうから安心感がさらに増しています。

進化したMAMORIO SとFUDA

MAMORIO Sレビュー

MAMORIO ラインナップ比較
MAMORIO MAMORIO S MAMORIO FUDA
電池持ち 平均8-10ヶ月 約1年間 約1年間
保証期間 6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
通信方法 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
有効距離 約30M 約60M 約60M
価格(税別) 3,500円 3,980円 2,759円

従来の「MAMORIO」は、Bluetoothの接続距離がおよそ30メートルだったのに対し、MAMORIO SおよびMAMORIO FUDAはおよそ60メートルと2倍に上がっています。また、電池の持ちも、平均8-10ヶ月から約1年と伸びています。

MAMORIO Sレビュー

これがMAMORIO S。手に持つとわかりますが、非常に軽く、そしてオシャレ。

MAMORIO FUDAレビュー

そしてこれが「MAMORIO FUDA」。本体裏面はシールになっているので、財布など無くしたら困ってしまう物にペタッと貼り付けられます。

MAMORIOアプリと連携

スマホにMAMORIOのアプリをインストールしたら、MAMORIO本体を近づけペアリングを行います。作業としてはこれだけ。

キーホルダーに取り付けたMAMORIO

で、こんな感じにキーホルダーへ。MAMORIO FUDAは財布の中に貼り付けました。

MAMORIO SとFUDAを利用してみた感想

MAMORIOが離れた場合

わざと、キーホルダーを家に置いた状態で外出すると、上の写真の様に「○○○○は手元にありますか?」とメッセージが表示されるようになります。ただ、このメッセージが表示されるタイミングが結構遅いため、場合によっては、このメッセージを確認した時点で「時既に遅し」といったことになる可能性はあります。

アプリ側の設定で、「見当たらなくなってからお知らせするまでの時間」を「早い(0秒後)」「おすすめ(300秒後)」「ゆっくり(600秒後)」の3段階で設定出来るので「早い」にしておけば比較的早い段階で紛失に気づくかもしれません。

ただ、この「早い」に設定していると、(例えばバイクのキーは使わないので自宅に置いた状態で外出した場合)頻繁にメッセージ表示がされてくるので、うざく感じることがあります。

MAMORIO確認作業

アプリ上で確認をすると、↑このような感じでMAMORIOと定期的に通信を行い、どの場所にあったかを確認することが出来るので、安心感がハンパありません。以前紹介したTrackRでは、これが不安定だったので、さすが国産のMAMORIOといった感じですね。

MAMORIOの設定

また、自宅にいるときには「ここでは鳴らさない」の設定をしておくと無駄な通知が無くなるのでこれも便利。

MAMORIOへの不満点

ほぼほぼ、満足しているMAMORIOではありますが、一つだけ不満点があります。

それは、MAMORIO本体に音を鳴らす機能が無いということ。例えば自宅内で、キーホルダーを探しているときにアプリ上では近くにあるということはわかっても、どの部屋でどこに埋もれているのかっていうのが分からない。アプリ上からMAMORIO本体の音を鳴らすことが出来れば、最強の紛失防止グッズになるんじゃないでしょうか。メーカーさん、是非お願いします!

まぁ、この機能が無くても、安定性が素晴らしいのでこれからも永く愛用していこうと思います。忘れ物が多くて困っている人にはお薦めの一品です。

追記:COOがレスをくれました!

なんと、嬉しいことにMAMORIO株式会社取締役COOがこの記事に反応をしてくれました。

つまり、MAMORIOの哲学(美学)上、ハードウェアはシンプルにし、機能的なところはソフトウェアによって改善をしてくということ。これを徹底することでハードウェアに依存すること無く、数年前の製品であっても常に最新機能を利用することがデキるという事らしい。

「音を鳴らせない」というわけでは無く、「敢えて鳴らさない」という選択をしているというところがカッコイイっすね。

ピックアップ記事

  1. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  2. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  3. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  4. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  5. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …

関連記事

  1. タブレットパソコン化

    android

    Xperia Z2 Tabletをパソコン化レビュー【マウス編】

    Androidタブレットはマウス操作ができるって言うのがメリットの一つ…

  2. bluetoothキーボード

    グッズ

    iPad miniに最適なBluetoothキーボードを探してみた。

    iPad miniでメールを打ったり、原稿を作成したりしていると「…

  3. ZEROケース

    Xperia

    XPERIA Z3の側面はキズ付きやすい!ケース選びは慎重に!

    「ZERO ULTRA SLIM CASE」を購入するきっかけとなった…

  4. 整理手帳とショットノート

    グッズ

    超整理手帳がショットノートと連携してかなり便利に!

    以前紹介した、講談社の「超整理手帳」がアップデートしてさらにiPad史…

  5. 度入りJINSPCレビュー

    グッズ

    JINS PC(度入り)ブルーライト50%カットのレビュー

    私は仕事柄ほぼ一日中、パソコンを見ている。朝起きるとドライアイのた…

  6. プライバシーフィルムレビュー

    iPhone

    のぞき見するなっ!iPhone用プライバシー保護フィルムレビュー

    電車内ではスマホをいじっているのが常ですが、その時に気になるのが「のぞ…

最近の記事

  1. sudio tolvレビュー
  2. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  3. Logicool CraftとMX-master
  4. 高機能マウスMX-MASTER25
  5. ogicool craftコントロールホイール
PAGE TOP