グッズ

[公開日]2019/02/05

Logicool Craft(KX1000s)キーボードのホイール操作が超絶便利すぎるのでレビューしてみる。

logicool craft kx1000sキーボード

私のデスクにはiMac2017とiMac2011、そして自作のWindowsPCの3台置いてあるため、キーボードとマウスがそれぞれ3つづつ置いてあり、デスク周りがゴチャゴチャ。

そんな環境を改善して、1台のキーボードとマウスに集約できないかと考えていたときに見つけたのが「Logicool Craftキーボード(KX1000s)」です。しかも、このキーボードにはクルクル回す「コントロールホイール」が付いているため、画像編集を頻繁に行う私にとっては重宝するだろうと購入してみたのでレビューしてみる。

3台のパソコン(WindowsとMac)を「Logicool Craft」1台で操作

Logicool Craft切り替えボタン

このキーボードには3台までのワイヤレス接続を記憶させることが出来、「1」「2」「3」ボタンで操作する対象の機器を切り替えることが簡単にできます。(事前に3台のパソコンとペアリングを完了させておく必要はあります)

しかも、キーボードはWindowsとMac、両方に対応したキー配列になっているので、どちらの機種にでも対応します。

MacやWindowsを一つのマウスで操作可能にするSynergy

写真の様に、以前まではそれぞれのキーボードとマウスが3つづつあったため、結構スペースをとっていたのですが、今ではLogicool Craftキーボード1台だけを置くスペースだけで充分なのでデスク周りが非常にスッキリしました。

Bluetooth接続をした場合は注意が必要

Logicool Craftは、1台のパソコンだけを操作するのであればなんら問題は無いのですが、前述の様に複数台のパソコンを操作する場合には特に注意しなければならないことがあります。

それは、「Bluetooth接続をした場合、接続先のパソコンを切り替えるとUS配列(英語キーボード)と認識されてしまう」ということです。JIS配列(日本語キーボード)に慣れている私にとって、急に英語キーボードになってしまうとめちゃくちゃ不便になるわけです。

例えばMacで文字をタイプしていて、次にWindowsPCに接続切替をし、タイプ(ここまでは問題なし)。次にまたMacに切り替えるとJIS配列からUS配列に変わっちゃうんです。これはめちゃくちゃ厄介です

keyboard-setup-assistant

一度、US配列と認識されてしまった場合は「/system/Library/CoreServices/KeyboardSetupAssistant」のアプリを起動して、JIS配列への設定すれば元に戻るのですが、毎回これをやるのは本当に面倒くさい。

で、色々調べたところ、回避策としては・・・・

Unifying (USB)接続

Bluetooth接続をやめて、Logicool Craft(KX1000s)を購入したときに付属されていた「Unifying接続」で操作をするとこの現象は起きなくなります。(なんとかBluetoothでもこの現象が発生しないようにして欲しいものです・・・)

この現象以外は、とても複数の機器をスムーズに操作が行えるのでめちゃ便利!

コントロールホイールが超絶便利すぎるっ!

ogicool craftコントロールホイール

さて、このキーボードの最大の特長である、この「コントロールホイール」。これがめちゃくちゃ使えます。このコントロールホイールは、アプリケーションごとに設定を変更することが出来るので超絶便利です。

LogicoolOption設定

まずは、インストールした「Logicool Option」を開き、「コントロールホイール」タブをクリックし、右上のアプリケーションを選択します。

コントロールホイール設定

アプリケーションを選んだら、コントロールホイールを「左右に回した際の動作」、「押したときの動作」、「押して回転させた時の動作」を設定します。

Logicool Craftコントロールホイール

私は、良く画像編集ソフト「Pixelmator」を利用するのですが、画像の拡大縮小の操作が非常に面倒でした。が、このコントロールホイールを使うことで簡単に操作をすることが出来るようになりめちゃくちゃ作業効率がアップしました!

コントロールホイールは定番アプリ以外にも対応可能!


コントロールホイールアプリケーションの追加

このコントロールホイールは、基本的に「adobe製品」や「Microsoft office製品」に対応と謳っておりますが、logicool Optionで「アプリケーションを追加」を選択すれば、その他のソフトウェアにも使えるのでご安心を。

Logicool Craft(KX1000s)は、ちょっと高額な部類に入るキーボードではありますが、それでも買って良かったと思える機能満載で作業効率を大幅に向上させる一品ですね。

ピックアップ記事

  1. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  2. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  3. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …
  4. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  5. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…

関連記事

  1. ノースフェイスリュック

    グッズ

    APPLEストアのNORTH FACEリュックを2年間使い倒した感想。

    2年前、Appleストアで一目惚れして購入したNORTH FACEのリ…

  2. 一眼レフカメラ

    グッズ

    CANON EOSをプレゼントされたけど、「D」が前後するだけでかなり違う。

    以前購入した「EOS KISS X50」を愛用し続けてもうすぐ…

  3. iPhone

    買って良かった。Apple純正のiPhone7用の本革ケースが素晴らしい!

    新しいスマホを購入したら、まずは本体を保護するためにケースの購…

  4. ひかりTV(ST-3200)

    グッズ

    ひかりTV(ST-3200)がわが家にやってきた!これはマジ便利!

    うちの娘が「ディズニーチャンネル」が見たいっつーことで、テレビにもとも…

  5. フォトブック作成レポート

    グッズ

    はじめてのフォトブック作成体験レポート!(Story7編)

    背景をぼかした写真をとってみたくて昨年購入した「Canon E…

  6. タブレットパソコン化

    android

    Xperia Z2 Tabletをパソコン化レビュー【マウス編】

    Androidタブレットはマウス操作ができるって言うのがメリットの一つ…

最近の記事

  1. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  2. Logicool CraftとMX-master
  3. 高機能マウスMX-MASTER25
  4. ogicool craftコントロールホイール
  5. サイバークリーンでキーボードを除菌
PAGE TOP