ヘッドホン・イヤホン

[公開日]2019/10/30
[更新日]2019/11/02

【レビュー】AirPods Proがやってきた!ノイズキャンセリングとカナル型で最強のワイヤレスイヤホンか?

AirPods Proレビュー

2019年10月29日の未明に発売開始となった「AirPods Pro」。以前から噂されていた通り、従来のAirPodsとは異なる「カナル型」のイヤホンに仕様が変更され、さらには「ノイズキャンセリング機能」と「耐汗耐水性能」が追加され、かなり魅力的な製品になっています。

今まではAirPodsの形状が好きにはなれなかったので購入してませんでしたが、今回の「AirPods Pro」は私の購買意欲を高めてくれたので27,800円(税別)とちょっと高めの価格設定ではありましたが、速攻でポチりました。

購入時は10月31日納品予定ということでしたが、本日30日に納品されたので嬉しい誤算です。詳しい仕様についてはAppleのホームページをご覧頂くとして、今回は私の気になっていた2点についてレビューをしてみます。

カナル型に変更したことで耳にフィットするようになったのか?

AirPods Pro開封

では、早速パッケージを開封。

AirPods Proイヤーチップ

「ラージ」「ミディアム」「スモール」のイヤーチップが付属されていて、自分の好みのサイズに変更することが可能。私の場合は、ミディアムでしっかりとフィットしました。やっぱり従来のオープンイヤー型よりも落ちにくいです。ヘッドバンキングをやっても落ちませんw

やっぱりカナル型は良いですね。安心感が違います。今回の形状で遮音性が高くなりましたが、後述する「アクティブノイズキャンセリング機能」をオフにすれば外気の音もしっかりと聴くことが出来るようになるので、この点については他のイヤホンと違うところですね。

アクティブノイズキャンセリング機能はどうなのか?

AirPodsProケース

ケースから本体を取り外すと・・・

iPhoneとAirPodsProの接続

何もしなくてもiPhone側が勝手に認識し、接続可能状態に切り替わります。(これはなにげに便利すぎ)

事前にiOSを最新バージョンにアップデートする必要があります。

AirPodsProのアクティブノイズキャンセル

アクティブノイズキャンセリング機能のオンオフは、本体を耳に装着した状態で、写真の赤丸の部分を長押しします。
従来のAirPodsでは、タップによる操作でしたが、Proではタップでは無く、本体をつまむ感じで操作します。

ノイズキャンセリングのスイッチ

または、iPhone側で音量調整の箇所を長押しすることでノイズキャンセリングのスイッチ操作が可能。

AirPodsProアクティブノイズキャンセリング機能

AirPods Proのアクティブノイズキャンセリングは、本体外側のマイクが外部の雑音を収集し、内側のマイクが不要な音を聞き取ってアンチノイズ機能で取り除くという仕組み。

実際に試してみると、確かに外部のノイズ(雑音)が消えたかのように静かになります。

このアクティブノイズキャンセリング機能をオンオフを切り替えるとどれだけノイズがカットされているかが明確にわかります。「ザー」って聞こえる騒音がピタッと消えたかのように感じるのは秀逸ですね。ノイズキャンセリングのイヤホンはSONY製が有名ですが、このAirPods Proも負けてないんじゃ無いでしょうか。

今回試したのはエアコンを付けた状態の部屋の中で「ノイズキャンセリング機能」をオンにしたのですが、確かにエアコンの風の音が消える、というよりも静かになるという感じです。(完璧に消えるわけではない)ですが、外部の雑音はかなり軽減されるのでデスクワークに集中することができました。音楽をかけなくても、このAirPods Proを装着しているだけでも集中力が高まるという効果があるのでアリですね。

また、地下鉄の電車内でも試してみましたが、かなり静かになります。車内アナウンスがうっすらと聞こえるレベル。

AirPods Proのアクティブノイズキャンセリングの効果を例えて言うならば、「トラックの騒音がプリウスのように静かになる」って感じですかね。

一般的なカナル型ワイヤレスイヤホンと違う大きなポイント

AirPods Proのノイズキャンセリング効果は前述の通り、「素晴らしいっ!」と言えるほど。それ以外にも実はスゴい点がありました。
一般的なカナル型イヤホン
一般的なカナル型イヤホンは、耳栓のような感じなので外部の音が聞こえなくなるのが普通。

だから、音楽を聴いている時に人に声をかけられた場合は・・・・

聞き直す

イヤホンを取り外して「えっ?今なんて言ったの?」と面倒な行為が発生してしまいます。

AirPodsProの特長

ところが、AirPods Proの場合は、ノイズキャンセリング機能をオフにすれば「外部音取り込み」状態となるので、音楽を聴きながらでも周囲の音をしっかりと聞くことが出来るようになります。これはなにげにスゴい機能です。一日中AirPods Proを装着した状態でも普段の生活に支障を来すことが無いレベルです。

今回は税込で3万オーバーという割と高めのワイヤレスイヤホンではありましたが、買って良かったと言える一品だと感じました。このAirPods Proに骨伝導の機能が付けば本当に世界最強といえるワイヤレスイヤホンになるんじゃないでしょうか。

ピックアップ記事

  1. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  2. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  3. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  4. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  5. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …

関連記事

  1. sudio-tre

    ヘッドホン・イヤホン

    「Sudio TRE」レビュー!こんなスポーツタイプのBluetoothイヤホンが欲しかった!

    私の愛用しているスウェーデン製イヤホン「Sudio(スーディオ…

  2. LEXIN LX-R6レビュー
  3. sudiovasaレビュー

    ヘッドホン・イヤホン

    sudio VASAレビュー(後編)イヤホンの形状・音質・性能面を評価してみる。

    先日スウェーデンの高品質イヤホンメーカーsudioさんからサン…

  4. MDR-EX31BN
  5. sudioRegentヘッドホンレビュー
  6. SUDIOVASA-BLA

    ヘッドホン・イヤホン

    「sudio VASA BLA」レビュー!スウェーデン製高音質Bluetoothイヤホンの評価は?

    先月紹介した北欧(スウェーデン)発の高音質イヤホン「sudio…

最近の記事

  1. AppleWatchはサウナで使えるか?
  2. MESH-Wi-Fi-DECO-M5
  3. Sidecarでデュアルディスプレイ環境
  4. GoProアクセサリ3wayレビュー
  5. 圧縮タオルレビュー
PAGE TOP