106SH特集

[公開日]2013/03/09
[更新日]2013/09/19

203SHは106SHの後継機としてどうなのかを評価

さてさて、見てきましたよ。
ソフトバンクから2013/03/08に発売されたシャープAQUOSPHONE Xx 203SH。
私は前機種(といっても現役機種)の106SHで相当痛い目にあっているので、基本的に
疑いの目で新機種の203SHを触ってきましたので印象を書いてみます。

AQUOSPHONE203SH

IGZO搭載のディスプレイは至って普通

IGZO(イグゾー)とはシャープが社運をかけている液晶ディスプレイで、以前までiPad用の
ディスプレイとして提供していた。(現在は採算が合わないとのことで提供していない)
IGZOは、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、亜鉛(Zn)、酸素(O)によって構成される
世界初の量産化液晶ディスプレイで、高精度・低消費電力化など様々な効果があるらしい。

203SHのディスプレイを見ている感じは、106SHとさほど大差ない感じ。
やはりこの程度の大きさだと、ある程度の精度まで行くと差がわからないっすね。

IGZO搭載によって実現した驚きの省電力、「余裕の2日間」。
なんて謳ってますが、どうなんでしょうね。106SHの時も大容量バッテリーといって
長時間起動をアピってましたが、実際は半日くらいしか持ちませんからね。
この余裕の2日間っていうのも疑わしいものです。話半分としても丸1日持つって感じでしょうか。
メーカーは最長時間をPRするから、ユーザーが色々とアプリを入れていくと電力消費が激しく
なり、メーカーが測定した数値と大きく変わりますから注意が必要です。

203SHと106SHのスペック比較

AQUOS PHONE Xx203SH106SH
サイズ約 幅69×高さ137×厚さ10.9mm約 幅67×高さ130×厚さ10.8mm
重さ約 146g147g
Android OS4.14.0
CPUAPQ8064 1.5GHz(クアッドコア)MSM8260A 1.5GHz(デュアルコア)
バッテリー2200mAh1900mAh
ディスプレイ4.9インチ
IGZO・1677万色
HD(1280×720ドット)
4.7インチ
TFT液晶・1677万色
HD (720×1280ドット)
メモリROM:32Gバイト
RAM:2Gバイト
ROM:32Gバイト
RAM:1Gバイト

203SHのCPUはクアッドコアとなり、106SHの倍となって処理速度が速くなっているようです。
実機を触りましたが、確かにサクサク感があったように感じましたが106SHをはじめて
触ったときと似た感じがします。店頭にある実機は、ユーザー環境と異なるのでサクサク感が
あるんですよね。私の勝手な感触で行くと、数ヶ月間使い続けるとモッサリになりそうな
そんな印象を受けましたね。
やはり、iOSを使ってきた人にとってまだまだAndroidOSはモッサリOSです。
(ウィジェットなどはAndroid特有なので、ここは優れているとは思います。)

Androidのバージョンは4.1

203SHのOSは4.1

106SHではバージョン4.0.4(カーネルバージョン3.0.8)ですが、今回の203SHでは
バージョン4.1.2(カーネルバージョン3.4.0)にアップしているので精度は向上しています。
106SHでも早くバージョンアップして欲しいのですが、203SHが売れなくなると困るので
シャープ側もまだまだ対応しないでしょうね。

Android4.1だからこそできる機能なのかどうか分かりませんが、気になる機能として
「アナザービュー」というのが搭載されていました。
これは、二つのアプリを同時起動してながら作業ができるという機能です。
例えばワンセグを見ながらtwitterをしたり、Youtubeを見ながら情報を探したりなど
マルチウィンドウタスクが可能になりました。これは良いですね。

それと、テザリング機能が搭載されているので203SHをWifiルーターとして使うことが
可能になっています。

総合的に結構良くなった203SH

従来の106SHと比較して、相当メジャーバージョンアップ感がある203SHという印象です。
私が今持っている106SHは、あと1年以上も使い続けなければいけないので機種変更する
つもりはないですが、タイミングが合えば機種変更しても良いスマホじゃないでしょうか。
但し数ヶ月間利用してもモッサリ感がでてこなければという条件付きですけどね。

AndroidOSはiOSと比較してもそれなりに便利な機能があるので、iPhoneやiPadの
様なストレスフリーのOSに進化して、ハードウェアも追いついてくればAndroidの評価も
きっと高くなってくるでしょう。

ピックアップ記事

  1. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  2. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …
  3. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  4. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  5. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…

関連記事

  1. android

    ショットノートを自作できるか実験してみた!

    手書きメモをスマートフォンを使ってデジタル保存できる画期的なノート、キ…

  2. ces2015

    android

    Xperia Zシリーズ「Lollipopへアップデート!」の誤解

    2015年1月5日に開催されたCES 2015(コンシューマー・エレク…

  3. android

    アンドロイドのお祭りに行ってきたのでレポートしてみる。

    たまたま遊びに行った六本木ヒルズで開催されていた「祭」with…

  4. android

    スマホの画面が消えても(スリープモードでも)Wi-Fi接続を継続させる方法

    今回は「超」がつくほどニッチなネタです。スマホを利用する際…

  5. 機種変更時の注意点

    android

    機種変更前に絶対確認しておきたいLINEや電子マネーアプリの引き継ぎ方法まとめ

    今回ソフトバンクオンラインショップで、Xperia Z3からZ…

  6. XperiaZ3が壊れた

    android

    Xperia Z3の不具合?通話が終了できない!どうすれば良いの?

    つい最近までなんの不満も無く(むしろ大満足して)利用してきたX…

最近の記事

  1. sudio tolvレビュー
  2. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  3. Logicool CraftとMX-master
  4. 高機能マウスMX-MASTER25
  5. ogicool craftコントロールホイール
PAGE TOP