グッズ

[公開日]2013/04/01
[更新日]2014/11/23

スタイラスペンは極細が良いのか、太めが良いのか?

タブレットを持ち、手書き入力をする方には重宝するスタイラスペン。
このスタイラスペンは大きく2種類あり、ペンの先端がゴム製の様な特殊素材
で丸みを帯びた太めのものと、ペン先に透明のプラスチックが付いた極細のタイプ。

スタイラスペン

極細スタイラスペンに軍配が上がる!

太めの一般的なスタイラスペンは以前から利用していたので、今回は
ヨドバシカメラでプリンストン社の「Jot」を購入してみたので比較、評価してみた。

JOT

この「Jot」のケースを開けるにはハサミが必要なのだが、外出先で
無理やり開封しようとすると、上の様になるのでご注意を。
(喫茶店で四苦八苦しながら開けたら↑の様になっちゃいました。。)

太め、極細、どちらのスタイラスペンも使って見たが、総合的には
極細スタイラスペンの方が使いやすい印象を受ける。
太めのペンの場合、ペンの中心部分が分からないため、感覚で書いて行く感じだが、
極細の場合はきっちりと細かく文字やイラスト、図形を書くことが可能なのだ。
手書き入力の際に図形やイラストを多用する方には極細タイプがおすすめ。

jotの書き心地

ただ、欠点といえばアプリを起動する際のタップ、画面をスワイプする時は
ちょっと反応が悪いため、少し力をいれてタップしなければならないという点。
それ以外は申し分無いといった印象だ。

手書きアプリで利用する場合、アプリ側でペンの太さを選択できるため、
スタイラスペンのペン先の太さは関係ないが、ペン先が丸めで太いと
どうしても力が入ってしまい、ブニュっと先端を潰しながら手書きするため
文字が大きめになってしまい1ページに記入する文字量が必然的に少なくなる。
その点、極細タイプの場合は文字の大きさも小さめに書けるので
通常のノートに記入する感じで出来るのが素晴らしい。

スタイラスペンの書き心地

ペン先が丸みを帯びた太めのタイプでは、種類によっては力強く書かないと
全く反応しないスタイラスペンもあるので注意が必要!

使いやすさをとるか価格をとるか

ペン先が太めのスタイラスペンは、多くのメーカーが販売しているため
安いものから高めのものまで選ぶのに困るくらいだが、高けりゃイイってもんでも無い。

先日、ビックカメラでスタイラスペンのサンプルを使って
実際にiPadで手書き入力をしてみたが、2000円を超えるペンが反応が悪く、
逆に1000円前後の方が気持ちよく反応するのもあって本当に悩みます。

極細のスタイラスペンは、今のところプリンストンテクノロジー社の「JOT」シリーズ
がメジャーで、価格が2000円以上とちょっと高めではあるが使用感で考えると
ダンゼン極細タイプがオススメです。

【追記】ペン先が細くなった新型Su-Pen!これは買いですな。もご覧下さい。

   

ピックアップ記事

  1. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  2. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  3. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  4. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  5. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …

関連記事

  1. iphone7純正レザーケース
  2. グッズ

    スマホのマグネット式充電ケーブル(M2)が超絶便利すぎる。このアイデアは素晴らしいっ!

    いやぁ、海外には色々と便利なグッズがあるもんですね。最近本…

  3. グッズ

    Ankerのケーブルが一番!というレビューを信用してMicro USBとライトニングケーブルをまとめ…

    先日、外出先でスマホのバッテリが切れそうだったので大容量のモバイル…

  4. Google2段階認証

    android

    Googleの2段階認証を設定したことでパスワードが通らなくなった場合の対処方法

    セキュリティを強化するためにGoogleアカウントの2段階認証は必須。…

  5. プロジェクター売り場

    グッズ

    モバイルプロジェクターなら主婦だって活用できる!

    先日、娘の高校の保護者会(懇親会)に夫婦で参加してきた。驚いた…

  6. Androidサポート終了

    android

    Android4.3以前のユーザーは注意が必要です!

    「GoogleはAndroid 4.3(Jelly Bean)までのバ…

最近の記事

  1. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  2. Logicool CraftとMX-master
  3. 高機能マウスMX-MASTER25
  4. ogicool craftコントロールホイール
  5. サイバークリーンでキーボードを除菌
PAGE TOP