206SHレビュー・評価

[公開日]2013/08/20

206SHの大容量内蔵バッテリーの実力を評価してみる!

AQUOSPHONE Xx 206SHの特長のひとつである「大容量バッテリー」。
「余裕の2日間越え 省電力&大容量電池」とアピールする内蔵バッテリーは
本当にそうなのかを評価してみた。

内蔵バッテリー3080mAhのスゴさ

まずは仕様について旧製品(Xxダブルエックスシリーズ)と比較してみる。

AQUOSPHONE Xx206SH203SH106SH
バッテリー容量3080mAh2200mAh1900mAh
充電時間約280分約230分約230分
連続通話時間3G:約1000分/GSM:約700分3G:約830分/GSM:約630分W-CDMA:約520分/GSM:約490分
電池パック内蔵型なので非対応内蔵型なので非対応有り

仕様上では圧倒的に206SHがスゴいですね。連続通話時間でみると約2倍も使えちゃいます。
ただネックなのは「内蔵型」っていうこと。1年くらい経ったときにバッテリーがへたってきた時
にどれだけ持つかが疑問ですね。

あと、フル充電するまでに約5時間近くもかかっちゃうってことですが、これは
寝る前にしっかりと充電してあげれば朝起きたときには充電完了してるだろうから問題なしです。

実際にバッテリーの持ちを試してみる

106SHを使い出してから9ヶ月間の評価!の後半で書いたとおり、
常駐ソフトはできるだけ抑え、GPSもオフ、Wifiもスリープ時はオフという状態にしても
夜9時頃には「要充電」という状態になっていました。

で、206SHはどうかというと・・・

206SHバッテリー

ウィジェットもガンガン貼り付け、Wifiはスリープ時でも「オン」、GPSも常にオン、特に
メモリやバッテリーを意識しない使い方をしても就寝前でもまだ62%の余力があります。

確かにシャープの公表通り、余裕の2日間って感じですね。あっぱれです。
今までシャープさんの悪口を言い続けてゴメンナサイ・・・・

「AQUOSPHONE Xx 206SH」詳細情報

ピックアップ記事

  1. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  2. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  3. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  4. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  5. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…

関連記事

  1. 302shと206sh比較

    206SHレビュー・評価

    AQUOSPHONE Xx 302SHと206SHを比較してみる

    2013年12月6日に発売された「AQUOSPHONE Xx 302S…

  2. システムUIを終了します
  3. iphone6と206sh大きさ比較

    206SHレビュー・評価

    iPhone6/PlusとAQUOSPHONE 206SHの大きさを比較してみた。

    もう既にiPhone6/Plusが店頭に並んでいるので、今更という感が…

  4. Iphoneと206shの大きさ比較

    206SHレビュー・評価

    206SHがどれだけ大きいかiPhoneと比較してみた!

    「うわっ、ちっちゃ!」しかも「持ちやすい!」と思ったのは、ムス…

  5. 実質負担0円に騙されるな

    AQUOSPHONE

    スマホの機種代金、実質負担「0円」にダマされてはいけない!

    SoftBankから届いた「実質負担0円」のダイレクトメール。この実質…

  6. お風呂場でワンセグ検証

    106SH特集

    再検証!お風呂場でも綺麗にワンセグが見れるのか!?

    2013年5月31日9時からTV電波の送信が東京タワーからスカイツリー…

最近の記事

  1. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  2. Logicool CraftとMX-master
  3. 高機能マウスMX-MASTER25
  4. ogicool craftコントロールホイール
  5. サイバークリーンでキーボードを除菌
PAGE TOP