android

【公開日】

音声アシストアプリ(アンドロイド)はSiriを超えた!?

この記事の所要時間: 143

音声アシストアプリAndroid OS 2.2以上で利用出来る「音声アシスト」アプリは、
いわばiPhoneやiPadの「Siri(シリ)」の競合アプリですね。
利用メモリが72MB以上消費するので、Android2.2の端末でスペックが
悪い場合はちょっとスマートに利用するのは難しいかもしれないですね。

私の206SHでは、この音声アシストがプリインストールされていて
めちゃくちゃ快適なのでちょっと紹介してみます。

さすが国産の音声認識エンジンの力

音声アシストアプリはYahoo!Japanが提供していますが、このアプリで使われる音声認識システムは
日本のアドバンスト・メディア社が提供している「AmiVoice(アミボイス)」を利用しています。

そして、声による路線検索時などには「駅すぱあと」で有名なヴァル研究所のシステムが
使われています。

さすが国産!というくらい性能が高いと思います。

音声アシストはSiriを上回るほどの性能

音声アシスト

音声アシストは、自分からアクセスしなくてもプッシュで情報を言ってくれます。
例えば上の写真のように、朝起きたときには「今日の天気」やちょっとした「マメ情報」
を音声で教えてくれます。

iPhoneのSiriの場合は、自分から問いかけないとだめですよね。

アラームのセットなど設定したい場合ももちろん声をかければ自動でセットしてくれます。
(これはSiriでもできました。)

音声アシストvsSiri

音声アシストがもっとスゴいのは、例えば「車で帰るとしたら何分かかる?」という
具体的な名称を言わなくても、自動で「自宅へ帰るんだな」と判断し、その場所から
自宅までの所要時間を算出してくれるのです。
(もちろん自宅の場所を登録する設定が必要です。)

Siriで同じ質問をした場合、「理解出来ません」と回答されますので、完全に音声アシストの
勝利じゃ無いでしょうか?

どうですか、アンドロイドスマホが欲しくなりませんか?



ピックアップ記事

  1. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  2. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  3. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  4. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  5. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …

関連記事

  1. 206shフルセグ

    206SHレビュー・評価

    206SHのフルセグはお風呂場でもちゃんと見れるのか?

    AQUOSPHONE Xx 206SHの最大の特長でもある「フルセグ」…

  2. Evernoteのスクリーンクリップ機能

    Mac

    スクリーンショットを撮るには「Evernote」が超絶便利!

    Evernoteはアイデアノートと言われていますが、なにげに知られてい…

  3. 2GB通信なんてあっという間

    アプリ

    2GBのデータ通信量なんてあっという間!どのアプリが通信量が多いのか?

    目次序章データ通信量が大きいアプリトップ102GB制限…

  4. スマホのCPU比較

    android

    わかりにくいスマホ・タブレットのCPUについて調べてみた。

    端末の頭脳とも言われる「CPU」ですが、最近はいろんな種類があってわか…

  5. wiiスマートフォン

    android

    任天堂がスマホを作るとこうなるんじゃなかろうか?

    これは「T3.com」がYoutubeに掲載している情報です。要約…

  6. IP電話・050電話

    LINE(ライン)のスゴさは無料通話ではない!

     NAVER社が提供するAndroid、iOS向けアプリ「LINE(ラ…

最近の記事

  1. メールワイズレビュー
  2. デジタルマイクロスコープレビュー
  3. ipadPro用マストアイテム
  4. iPad Pro10.5とアップルペン
  5. ネットワーク監視カメラレビュー
PAGE TOP