グッズ

[公開日]2013/08/29
[更新日]2018/06/22

Eye-Fi Mobiでデジカメとスマートフォンを連携させる!

※Eye-Fiを提供していたアイファイジャパン株式会社はすでに解散しております。本記事は過去の内容となりますのでご了承下さい。

「デジカメや一眼レフカメラで撮影した画像を簡単にFacebookやtwitterで投稿出来たらなぁ」って思うことないですか?

スマホでパシャって撮ればいいだけの話ですが、コンデジや一眼レフカメラを持ってたら、やはり高画質の写真を撮影して保存しておきたいですよね。で、デジタルカメラで撮影したときのネックとなるのが、パソコンと接続しないといけないという点。

渾身の一枚をパシャってとって、SDカードを抜き取って、パソコンに取り込む。この作業がめちゃくちゃめんどい。最近ではカメラ本体がネットワーク機能を持っていて撮影した画像を転送することも可能ですが、その為にカメラ本体を買い換えるのは勿体ない。

Eye-Fi Mobiがそんな悩みを解決。

そこで、アメリカのEye-Fi社が提供する「Eye-Fi Mobi」が活躍します。
eye-fimobi
これは、SDカード本体にWi-Fi機能を持っているので、デジカメで撮影すると、SDカードの画像がスマホへ自動転送されるというものです。

eye-fimobi

Eye-Fi Mobiは、8GBと16GBの容量があり、それぞれ4,980円と7,980円です。ちょっと高めですが、Class10の高速SDカードでWi-Fi機能も搭載と考えれば安いもんじゃないでしょうか。

また、一眼レフカメラなどのrawデータの転送にも対応したPro(9,980円)もありますが、rawデータをスマホに転送しても・・・って感じですよね。ProはPCとの連携を主に使う人用ですかね。となると普通のSDでも良いような
気もしますが・・・

このEye-Fi Mobiを使うにあたって一番重要なのは自分のデジカメが適用するかどうかです。

私が以前まで持ち歩いていたコンデジの「Panasonic DMC-S2-W」、こんな低価格モデルのデジカメも対応しているようです。今度購入したらレビューしてみますね。

写真をFacebookやtwitterで投稿したい、でも写真は高画質で保存したいからスマホの画像では納得しない。デジカメの画像をパソコンなしで簡単にスマホに転送したいって人には打ってつけの商品です。

Eye-Fi Mobiの競合製品となる東芝の無線LAN搭載SDカード「Flash Air」のレビュー記事もご覧下さい。
後悔先に立たず。FlashAirはやめた方が正解かも。

ピックアップ記事

  1. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  2. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  3. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  4. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  5. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!

関連記事

  1. android

    ショットノートを自作できるか実験してみた!

    手書きメモをスマートフォンを使ってデジタル保存できる画期的なノート、キ…

  2. グッズ

    キーホルダーに付けておけば安心!USB Type-Cへの変換コネクタが便利すぎる。

    前回に引き続き、CHOETECHさんから商品提供を受けておりま…

  3. iPhone

    買わなきゃ良かった「絶対、角割れしないゴリラガラス(iPhone7用)」。

    過去、表面硬度9Hのガラス保護によって何度も助けられたので今回…

  4. 原付のライトを大光量化

    グッズ

    原付の薄暗いライトを5,000円以下で大光量のLEDライトにしてみた。

    最近、数年間放置していた原チャリを自分でメンテナンスし、なんと…

最近の記事

  1. sudio tolvレビュー
  2. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  3. Logicool CraftとMX-master
  4. 高機能マウスMX-MASTER25
  5. ogicool craftコントロールホイール
PAGE TOP