android

[公開日]2013/09/17
[更新日]2017/01/24

音声検索精度が素晴らしい。スマホでのタイプ検索はもう不要?

一昔前までは、スマホに向かって「声」を出して検索するってこと自体非常に抵抗がありました。なぜなら、音声認識精度がショボかったのと、かっこ悪いから。。。。

ですが、最近のスマホ端末ではスペックも高くなり、音声認識精度も非常に高くなったと言うこともあって「声」による検索が非常にスマートになりました。

しかも人混みの中で、スマホに向かって喋るっていう動作も今や普通になってきているので抵抗は全然無いですね。

路線検索を音声でするとめちゃ便利!

アンドロイドスマホ向けにYahoo!が提供している「音声アシスト」、Googleでの音声検索、iPhoneの「Siri」、それぞれを使ってみて比較してみました。
音声検索結果

音声アシストの場合、GPSがオンになっていれば目的地の駅名と「行きたい」などを付け加えれば最寄り駅からの路線検索をしっかりと行ってくれます。しかもレスポンスはめちゃっぱやです。

Googleの音声検索も同様にGPSがオンになっていれば、自動で検索をしてくれますがレスポンスが悪いです。なので「○○駅から△△駅まで」などと言うとしっかりと路線の検索結果を表示してくれます。

一番困るのが「Siri」ですね。これはiPad上での検索結果なので、iPhoneだと違うのかもしれないが、iPad上でSiriを使って検索すると、地図アプリが起動してナビゲーションがスタートします。この検索結果を見てもちょっと困りますよね。。。。

Googleの音声検索が一番良いかも。

Yahoo!の音声アシストも瞬時に検索結果を表示するので良いのですが、Googleの音声検索の場合、何番線ホームなども教えてくれるので急いでいるときにはGoogleの音声検索の方が親切ですね。

人混みの中で喋っても、周囲の声をシャットアウトしてきちんと自分の声だけを認識してくれるので、めちゃくちゃ便利です。

ピックアップ記事

  1. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …
  2. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  3. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  4. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  5. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…

関連記事

  1. 106SH特集

    悪いところが目立つ106SH【PART2】

    前回は106SHの悪い部分として「バッテリーの持ちの悪さ」について言及…

  2. スマホの防水機能に対する誤解

    android

    Xperiaなどの防水スマホに対するちょっとした誤解

    Xperiaの防水機能はIPX5/8っていうからスゴい。上…

  3. Google2段階認証

    android

    Googleの2段階認証を設定したことでパスワードが通らなくなった場合の対処方法

    セキュリティを強化するためにGoogleアカウントの2段階認証は必須。…

  4. 地下鉄でデータ通信

    android

    ついに地下鉄(東京メトロ)でも通信が可能になった!

    ずーっと、不満だった点がひとつ解消されました。その不満点とは、地下…

  5. android

    転ばぬ先の杖。スマホやタブレットの保護フィルム・ケースがないとこうなる!

    たいていの人は、タブレットやスマホを購入したらすぐに買いそろえるのはケ…

  6. chromebook

    android

    Chromebookを購入する前にWindowsとMac環境で実験してみる

    最近気になるノートPCと言えば、Googleが提供するChro…

最近の記事

  1. sudio tolvレビュー
  2. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  3. Logicool CraftとMX-master
  4. 高機能マウスMX-MASTER25
  5. ogicool craftコントロールホイール
PAGE TOP