タブレット

[公開日]2014/01/20
[更新日]2018/07/02

手書きメモアプリNoteAnytimeがついに有料になった!

以前、NoteAnytime手書きメモアプリレビューで絶賛したMetaMoji社のNoteAnytimeがついに有料となってしまいましたね。

本記事は、2014年1月時点での記事となります。「NoteAnytime」はバージョンアップを重ね、現在では「Metamoji Note」というアプリ名で販売がされています。
MetaMoJi Note – MetaMoJi Corporation

noteanytime

まっ、あそこまでできて無料って言うのがおかしかったくらいですから仕方が無いですね。。。ビジネスだもの。。。

今なら発売記念の激安価格で購入できます

通常価格800円という価格設定ですが、現在のところ発売記念価格としてiOS版、Android版ともに200円という低価格で購入が可能です。もちろん、Lite版として無料アプリもありますが大分機能制限がかかっているのではないでしょうか?

発売記念価格というのは「いつまで」という表記がないので、突然800円に値上げするかもしれないので早いうちに購入しておいた方が良さそうです。

有料版とLite版(無償版)のちがいは?

NoteAnytimeの有料版との違いとして大きいのはペンの種類が限定されているというところですかね。あとはノートにパスワード設定ができないなどありますが単純に手書きメモだけってことであればLite版で問題ないのかもしれません。

ちなみに以前からインストールしている場合は、自動的に有料版となっている様なので特に購入する必要はなさそうです。(なんか得した気分です。)

下のイメージは、iPadのAppStoreでNoteAnytimeを検索した画面ですが、有料版の方は既にダウンロードされていると言うことになっているので購入は不要ってことですね。

noteanytime

あくまでも今後新規でインストールする際は有料になると言うことです。まだNoteAnytimeを使ったことが無いって言う人はぜひ今のうちに購入しておくことをおすすめします。とくにiPadユーザーには重宝するアプリですよ。

【iPad用】MetaMoJi Note – MetaMoJi Corporation

ピックアップ記事

  1. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  2. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  3. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  4. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  5. コピペもバッチリ!Logicoolの「FLOW」でWindowsとMacをひとつ…

関連記事

  1. 電子書籍のメリット・デメリット

    アプリ

    電子書籍購入時のメリットとデメリットとは?

     Amazon社が提供する電子書籍デバイス「Kindle(キンドル)」…

  2. JOTSCRIPTレビュー
  3. Retinaモデルとの比較

    タブレット

    iPad mini Retinaモデルと普通のを比較してみた

    昨年末はタブレット戦争とまで言われて、「iPad mini」を手に入れ…

  4. SmartCover
  5. goodnotes

    タブレット

    GoodNotes手書きメモアプリの評価レビュー。

    最強のiPad手書きメモを比較(評価)してみた!で掲載している手書きメ…

最近の記事

  1. sudio tolvレビュー
  2. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  3. Logicool CraftとMX-master
  4. 高機能マウスMX-MASTER25
  5. ogicool craftコントロールホイール
PAGE TOP