グッズ

[公開日]2014/06/27
[更新日]2017/11/21

EvernoteのPenultimate専用「Jotスタイラスペン」に過度の期待は禁物!

スタイラスペン

スタイラスペンの問題点

iPadなどで手書きメモをしていく上で必要なスタイラスペンですが、過去に「Jot Classic」や「Su-Pen」、普通のスタイラスペンと色々と使い倒してきた私でありますが、どうしても不満な点がありました。

(これはスタイラスペンと言うよりも手書きメモアプリ側の欠点ですが・・)

タブレット上に手をのせて文字を書くとリストガードがうまく機能せずに手に反応して余計な線が書かれてしまうと言うこと。

リストガードが機能しない

こんな不満を持たれている方は多いのでは無いでしょうか?
そこで、手書きメモアプリがスタイラスペンだけに反応して、手に反応しないスタイラスペンが無いか調べたところ・・・・「JOT SCRIPT EVERNOTE EDITION STYLUS」というAdonitのスタイラスペンを発見しました。

これはBluetoothで接続して、スタイラスペンだけに反応するってどっかのWEBで見つけたので「これだっ!」って感じでソッコーでポチりました。

価格が8,280円と私の持っているスタイラスペンの中では最高値のものになりますが不満が解消するのであればということで購入です。

Evernoteのスタイラスペンがやってきた!

JOT EVERNOTE

はい、EVERNOTE MARKETで購入してから3日後には納品されました。送料も含めて8,880円と末広がり的な感じの料金です。(スタイラスペンとしては高いですよね。。。。)

JOT EVERNOTE

納品書には株式会社ECロボというEvernote Market販売代理店の名前が記載されてます。Evernoteが直接販売しているわけでは無いんですね。

スタイラスペン比較

早速開封し、私の持っているスタイラスペンを並べてみました。
ペン先としてはやはり今回の「EVERNOTE版のJOT」が一番良さげです。これはかなり期待できそうです。

手書きメモ「Penultimate」で実験

Evernote EDITIONということで、Evernoteが出している手書きメモアプリ「Penultimate – Evernote」に最適化されている様です。で、Penultimate(無料)をインストールし(スタイラスペンの電源を入れた状態で)「一般設定」から「Jot Script Evernoteスタイラスペン設定」を選択すると自動的にスタイラスペンを認識して接続されます。PINコードの入力などはないです。

スタイラスペン接続

この画面が表示されれば、あとは新規ノート作成でがんがん手書き入力すれば良いだけなのですが、あんまり反応は宜しくないですね。タブレットの画面上に手を乗せたらやっぱり反応しちゃいます。しかも指でも書けちゃう。。。スタイラスペンだけに反応って訳では無いみたいですね。

色々と試してわかったのですが、スタイラスペンを接続して最初に画面タッチするのが手ではなくスタイラスペンの場合だと大丈夫ですね。その後に手が画面についても確かにスタイラスペンだけに反応します。

また、最初に手が画面に触れてちょっと線が書かれたとしても、直後にスタイラスペンで手書きをすれば、直前の手が触れたゴミの部分は消えます。

JOT EVERNOTE

これは、手を乗せた状態で縦に線を引いた画面です。
スタイラスペンだけに反応し、画面に触れた手の部分はキレイになっているのがわかるかと思います。

penultimate

左の画面が文字だけ、右の画面はイラスト、図などを書いたイメージです。
文字を書いた場合は、「Su-Pen」と「Jot Classic」の方が書きやすい感じですがイラストや図を書いたときはめちゃくちゃ書き味は良いです。

ただ、商談などでメモをとるときに手書き文字の書き味が悪いとちょっとストレスがたまるかもしれません。

ちなみに、このスタイラスペンは「Penultimate」だけでなく、その他の手書きメモでもしっかりと反応してくれますがリストガードの部分については「Penultimate」との相性が一番良いと思います。もちろん、手書きメモ以外のアプリでもタップ操作は可能です。

トータル的に私の不満は解消されたので満足してはいますが、購入前の期待値に対しての満足度としては70%程度というところでしょうか。。これが5000円以下だったらまた満足度も変わるかもしれませんね。

ちなみにiPadではなく、Androidのタブレットにてこのスタイラスペンを利用した結果も記事にしていますので見てみて下さい。

スタイラスペン

追記:購入から5ヶ月経って

購入してからおよそ5ヶ月が経過した2014年11月現在、このJotスタイラスペンは眠っています。というか購入から2週間ほど経過した時点で使わなくなりました。
というのもやっぱり電源を入れたりするのが非常に面倒で、(ちょっとしたことなんですが)ペンを持ったらすぐに書き込める普通のスタイラスペンがベストかなといった感じです。今は専ら「Su-Pen」を愛用しています。

ピックアップ記事

  1. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  2. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  3. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  4. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  5. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…

関連記事

  1. BKC50を改造

    Xperia

    SONY BKC50を改造してXperia Z2 Tablet用レザーケースを自作してみた!

    先日購入した、Xperia Z2 Tablet用のキーボード&ケース(…

  2. スケジュール帳

    グッズ

    スケジュール帳はアナログかデジタルか無限にループする私。

    毎年この時期になると悩むのがスケジュール手帳。書店や文具屋の前…

  3. モバイルバッテリー

    グッズ

    スマホの充電スピードに影響するアンペアについて調べてみた。

    スマホやタブレットを充電すると、なんか接続する充電器によって充…

  4. アプリの終了

    iPhone

    iOS7になってアプリの終了方法が超かんたんになった!

    iPhoneやiPadで超がつくほどめんどくさく思っていたのが、起…

  5. スタイラスペン「su-pen」

    グッズ

    ペン先が細くなった新型Su-Pen!これは買いですな。

    以前、スタイラスペンは極細か太めが良いのか?という記事を書きました。…

  6. Scansnap-ix500レビュー

    グッズ

    ScanSnap iX500とEvernoteを連携させて溜まりまくった書類などを断捨離してみた!

    長年ずーっと保管し続けてきた書類の山。捨てようと思っても、「い…

最近の記事

  1. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  2. Logicool CraftとMX-master
  3. 高機能マウスMX-MASTER25
  4. ogicool craftコントロールホイール
  5. サイバークリーンでキーボードを除菌
PAGE TOP