Xperia

[公開日]2014/07/25
[更新日]2017/01/22

Xperia Z2 Tabletをパソコン化レビュー【キーボード・ケース編】

前回はXperia Z2 TabletにBluetoothマウスを接続してちょっとだけパソコン化に成功した記事を書きましたが、今回は、ノートパソコン風にするためにBluetoothキーボードとケースを購入したので評価してみたいと思います。

今回購入したのは、SONYから発売されている「Bluetooth Keyboard with Tablet Cover Stand(BKC50)」です。

いざ、BKC50を開封!

bluetoothキーボード

BKC50開封

内容物としてはBluetoothキーボードとケースとゴムバンド。

BKC50イメージ

見た目、かっこいいっすよね。結構良さそうなのですが・・・Amazonでのレビューを見ると、酷評が結構多い。酷評の内容としては、「ケースが全然ダメ」という意見ですね。キーボード自体は満足いくレベルらしいというレビューがあったので、とりあえず、キーボードをメインに考え購入しました。

BKC50のキーボードは確かに満足いくレベル

過去に3度、タブレット向けのBluetoothキーボードを購入しましたが、確かにこのBKC50が一番タイピングしやすいかもしれません。

Bluetoothキーボード比較

一番上のキーボードが「iBUFFALO BSKBB14BK」、真ん中が「SONY BKC50」、そして一番下が「MiniSuite NewYork Apple iPad miniキーボード」。

大きさ的には、iBUFFALOが良いのですが、ちょっとだけゴムのキーを押している感じがし、モッサリ感がありますのでBKC50と比べるとキータッチ感がちょっと劣ります。

MiniSuite NewYorkのキーボードは論外なので言及しません。。。

BKC50はNFC対応なので、Xperia Z2 Tabletとのペアリングもめちゃくちゃ簡単。単純に本体にピッってするだけで接続されます。

BKC50レビュー

キーボードには「コピー、ペースト、カット」のショートカットキーがあるのでこれはかなり便利です。

キーボード(BKC50本体)の2つの不満点

BKC50の不満点

全体的には満足いくレベルではあるが、あえて不満点をいうとすれば、「ENTER」キーがちょっとだけ小さいってことですかね。改行や文字確定の際に結構タイプミスしてしまいます。まぁ、これは慣れればなんてこと無いかもしれません。

あと、個人的に非常に不満なのが、「F10」のファンクションキーが用意されていないこと。私の場合、半角の英数字を入力する際は日本語入力をONにした状態のまま、「F10」キーで変換させるクセがついているので、これができないってのは非常に面倒。

(例えば「BKC50」と半角英数字をタイプしたい場合は、「bkc50」と入力した後に「F10」キーを1回押すと「bkc50」、もう一回押すと「BKC50」となる。)

これも日本語入力をOFFに切り替えるクセが付けば良いのだが・・・長年染みついた変換方法を治すのは結構きびしい。。。

問題のBKC50ケースの部分について評価してみる

まずはBKC50にXperia Z2 Tabletをセットした画像をご覧下さい。

BKC50とXPERIAZ2

ちょうど真ん中の部分がゴム製になっていてフニャフニャしてます。

BKC50の問題点

これが元凶となっています。
(水泳のゴム帽子の様な素材です。)

BKC50レビュー

ゴムの部分というのは真ん中だけでなく、底面全体がゴム製になっているのでこうしてノートパソコンスタイルにしてみると、ゴムが滑り止め的な感じになり、本体を動かしにくくなるんですよね。人によってはこれがイイってなるかもしれないが私的にはストレスがめちゃくちゃかかります

BKC50レビュー

これは本体を閉じて、ゴムバンドで巻いた状態でパッと見、普通ですよね。

BKC50問題点

ところが、真ん中の部分がゴム製でがっちりと固定できないため、

BKC50問題点

こんな風にグニャッってなったり・・・

BKC50問題点

こんな感じにパカッって浮いたりで、とにかく酷い出来映えです。
こんな状態なのでAmazonでのレビューは確かに正確でした

私はキーボードをメインに考えていたので、ショックは少なかったですがソニーストアーなどを見て、「これカッコいい!!!」なんて思って購入するとかなり痛い目に遭うのでご注意下さい。

ケースは別途購入した方が良さそうです。また出費が・・・

ソニーノイズキャンセリング(MDR-EX31BN)を徹底レビュー!の記事最後にも書きましたが、ソニーの品質が落ちてるんでしょうかねぇ。。。

ピックアップ記事

  1. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  2. コピペもバッチリ!Logicoolの「FLOW」でWindowsとMacをひとつ…
  3. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  4. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  5. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…

関連記事

  1. SHOTDOCSレビュー

    アプリ

    SHOT DOCSがあればショットノートはもう要らない!?

    あのおもしろ文具メーカーキングジムさんがまたおもしろそうなグッズとアプ…

  2. ソフトバンクモバイルシアター

    グッズ

    モバイルシアター(502ZT)って本当に必要?実機を触ってみた感想。

    先日ケーズデンキに立ち寄ってみたところ、スマホコーナーになにや…

  3. xperia z3
  4. 2GB通信なんてあっという間

    アプリ

    2GBのデータ通信量なんてあっという間!どのアプリが通信量が多いのか?

    目次序章データ通信量が大きいアプリトップ102GB制限…

  5. noteanytime

    タブレット

    手書きメモアプリNoteAnytimeがついに有料になった!

    以前、NoteAnytime手書きメモアプリレビューで絶賛したMeta…

最近の記事

  1. sudio tolvレビュー
  2. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  3. Logicool CraftとMX-master
  4. 高機能マウスMX-MASTER25
  5. ogicool craftコントロールホイール
PAGE TOP