android

[公開日]2012/09/16
[更新日]2012/10/04

日本でのandroidとiosのシェア比較

Googleがスマートフォン利用に関する大規模調査を行ったデータが出ております。
ソース:https://googlejapan.blogspot.jp/2012/05/2012.html
さすがGoogle様ですよねー。世界中のユーザーから大量のデータを取得してあらゆる統計データがとれちゃうんですね。
上記ページにアクセスしていただくとわかりますが、ユーザー側で自由に設定した項目でデータを分析することができちゃいます。
仕事上で資料のためにデータが必要な場合は役に立つのではないでしょうか?

さて、本題のシェアはいかほどに?

スマホOSシェア
上の図は日本国内におけるスマートフォンのOS(iOS・android他)シェアである。

今年2012年に入ってからAndroidOSがシェアを逆転し、55%も占めることになっています。
逆にios、つまりiphoneは39%までシェアを落とした状態です。

ただ、よく考えてみよう。

  1. iphoneが提供されているキャリアは、auとソフトバンクのみ。
  2. 通信キャリアではdocomoがトップ。
  3. アンドロイド端末は多くのメーカーから提供されている。
  4. iphoneの提供元はアップル1社のみ。

ということは、docomoユーザーがスマホに切り替えた際の選択肢はAndroid端末しか無いため、その分アンドロイドの普及率が増えていくという構図になります。
また、アンドロイド端末55%のシェアを端末メーカーで取り合うわけだが、iphoneは1社で39%ものシェアをとっているとも考えることが出来ます。

現在のMNPの問題点としては、メールアドレスが変わってしまうという事が大きなポイントかと思いますが、
一旦、アンドロイドに切り替えるとGmailのアカウントを軸にしていくので、ユーザーがメールアドレスもGmailで統一していくようになった場合、MNPによるiphoneへの機種変更が非常に多くなるのではないでしょうか?

現状のAndroidの出来栄えを考えると、iosのシェアが逆転するのも時間の問題じゃないでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  2. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  3. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  4. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  5. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…

関連記事

  1. 106SHをヤフオクに出品

    106SH特集

    機種変更で不要になった106SHをヤフオクに出品してみた。

    先月にAQUOSPHONE Xx 206SHに機種変更したことで、不要…

  2. iPhone

    iPod touchという選択肢。

    ドコモユーザーやイー・モバイルユーザー、はたまた最近機種変更したば…

  3. スマートウォッチの市場

    android

    スマートウォッチの時代がくるのか!?

    アップル社がiPhoneを発売してからスマートフォンの市場が爆発的に広…

  4. ソフトバンクショップ
  5. YosemiteとiPhone連携

    iPhone

    MacでiPhoneにかかってきた電話をとるための設定方法

    Mac OS Xが「Yosemite」にアップデートされ、iPhone…

  6. 203SHレビュー

    106SH特集

    203SHは106SHの後継機としてどうなのかを評価

    さてさて、見てきましたよ。ソフトバンクから2013/03/08に発…

最近の記事

  1. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  2. Logicool CraftとMX-master
  3. 高機能マウスMX-MASTER25
  4. ogicool craftコントロールホイール
  5. サイバークリーンでキーボードを除菌
PAGE TOP