iPhone

【公開日】

iPhoneカメラのタイムラプス機能がスゴい!まるでパラパラ漫画のように撮影ができる!

この記事の所要時間: 159

iPhone

いまさら感がありますが・・・
iPhoneのカメラ機能にビックリしてしまったので記事にします。

iPhone5になってからスローモーションの撮影ができるっていうのはAppleもアピールしていたので知っていたのだが、「タイムラプス」についてはあまり触れられて無かったので、その存在に気づいていませんでした。

タイムラプス

パラパラ漫画の様な撮影が可能なタイムラプス

タイムラプスとは簡単に言うと、特定の間隔で、撮影を行いそれを動画にしちゃうというもの。通常の動画撮影よりもタイムラプスの動画時間は短縮されます。

※「タイムプラス」と間違っている人も多いようですが、正しくは「タイムラプス」です。

カメラを固定して風景をタイムラプスで撮影すると、ゆっくりと動くモノ、例えば「雲」が流れていくシーンなどを早送りの動画撮影ができたりします。

ただ、雲などの流れを撮影するには長時間撮影する必要があるので、今回は簡単に試し撮りができる通勤風景をタイムラプスで撮影してみた。



これは駅までの自転車通勤風景で、朝と晩をつなげたものです。
片道10分程度の時間を撮影するとタイムラプスでは約20秒程度の動画になります。
どうですか、おもしろいでしょ?

追加で、日の出シーンをタイムラプス撮影した動画です。



「でっ?」って思う人もいるかもしれませんが、タイムラプスで撮影した動画をYoutubeなどで公開するとみんなおもしろがって見てくれるんじゃ無いでしょうかね。

でも夜の風景はiPhoneのカメラ機能ではちょっとムリがありそうです。

タイムラプス撮影を使うには最低149MB以上の空き容量が必要。

タイムラプス

タイムラプスで撮影するには、最低でも149MB以上の空き容量が必要らしく、それ以下だと上の様に警告がでるので、なにかしら削除をしないといけません。。。

私のiPhone5Sは「16GB」のため、あっという間に容量が無くなってきてしまいこんな状態になっちゃいます。やっぱり16GBって少ないね。今度は最低でも64GB以上のiPhoneにした方が良さそうですね。

ちなみに、AndroidOSのスマホでもタイムラプス撮影は可能ですよ。



ピックアップ記事

  1. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  2. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …
  3. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  4. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  5. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…

関連記事

  1. ついにipod touch発売か?

    iPhone

    iPod touch 第5世代ついに出荷開始?

    先月アップル社が発表した第5世代iPod touch、10月発売という…

  2. android

    日本でのandroidとiosのシェア比較

    Googleがスマートフォン利用に関する大規模調査を行ったデータが出て…

  3. Google2段階認証

    android

    Googleの2段階認証を設定したことでパスワードが通らなくなった場合の対処方法

    セキュリティを強化するためにGoogleアカウントの2段階認証は必須。…

  4. LIVE PHOTOs

    iPhone

    Xperiaが唯一、iPhoneに負けたと感じたカメラ機能「ライブフォト(Live Photos)」…

    今年の頭から使い続けているXperia z3。今でも満足行…

  5. iphone5sついに発売

    iPhone

    iPhone5Sついに発売!意外にも店頭での反応は悪い。

    本日ついにiPhone5S/5Cが発売となりました。朝の番組ではア…

  6. ios8.1.1アップデート

    iPhone

    iOS8.1.1アップデータ公開でどうかわるの?

    2014年11月18日にiOS8の最新アップデート(8.1.1)が正式…

最近の記事

  1. WantedlyPeopleログイン画面
  2. サブディスプレイマウントアダプタ
  3. ギガモンスター
  4. 料金踏み倒し
PAGE TOP