iPhone

【公開日】

iPhoneカメラのタイムラプス機能がスゴい!まるでパラパラ漫画のように撮影ができる!

この記事の所要時間: 159

iPhone

いまさら感がありますが・・・
iPhoneのカメラ機能にビックリしてしまったので記事にします。

iPhone5になってからスローモーションの撮影ができるっていうのはAppleもアピールしていたので知っていたのだが、「タイムラプス」についてはあまり触れられて無かったので、その存在に気づいていませんでした。

タイムラプス

パラパラ漫画の様な撮影が可能なタイムラプス

タイムラプスとは簡単に言うと、特定の間隔で、撮影を行いそれを動画にしちゃうというもの。通常の動画撮影よりもタイムラプスの動画時間は短縮されます。

※「タイムプラス」と間違っている人も多いようですが、正しくは「タイムラプス」です。

カメラを固定して風景をタイムラプスで撮影すると、ゆっくりと動くモノ、例えば「雲」が流れていくシーンなどを早送りの動画撮影ができたりします。

ただ、雲などの流れを撮影するには長時間撮影する必要があるので、今回は簡単に試し撮りができる通勤風景をタイムラプスで撮影してみた。



これは駅までの自転車通勤風景で、朝と晩をつなげたものです。
片道10分程度の時間を撮影するとタイムラプスでは約20秒程度の動画になります。
どうですか、おもしろいでしょ?

追加で、日の出シーンをタイムラプス撮影した動画です。



「でっ?」って思う人もいるかもしれませんが、タイムラプスで撮影した動画をYoutubeなどで公開するとみんなおもしろがって見てくれるんじゃ無いでしょうかね。

でも夜の風景はiPhoneのカメラ機能ではちょっとムリがありそうです。

タイムラプス撮影を使うには最低149MB以上の空き容量が必要。

タイムラプス

タイムラプスで撮影するには、最低でも149MB以上の空き容量が必要らしく、それ以下だと上の様に警告がでるので、なにかしら削除をしないといけません。。。

私のiPhone5Sは「16GB」のため、あっという間に容量が無くなってきてしまいこんな状態になっちゃいます。やっぱり16GBって少ないね。今度は最低でも64GB以上のiPhoneにした方が良さそうですね。

ちなみに、AndroidOSのスマホでもタイムラプス撮影は可能ですよ。



ピックアップ記事

  1. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  2. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  3. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  4. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  5. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…

関連記事

  1. 地下鉄でデータ通信

    android

    ついに地下鉄(東京メトロ)でも通信が可能になった!

    ずーっと、不満だった点がひとつ解消されました。その不満点とは、地下…

  2. iphoneとandroidどっち?

    android

    iPhoneとAndroidではどっちが買いなのか?

    AndroidスマホとiPhoneではどっちがいいのかってことで、…

  3. ラプソル防御フィルム
  4. iPhone

    iPhone6にNFC機能搭載するもおサイフケータイにはならない?

    2014年9月10日(日本時間)の未明についに発表された「iP…

  5. iphone5への機種変更

    106SH特集

    106SHからiPhone5への機種変更時の注意点

    106SHを持ちだしてから約10ヶ月が経過しましたが、さすがにもうギブ…

  6. 分割と一括どちらが得?

    iPhone

    iPhone5やスマホ端末購入時は分割と一括払いどちらが得か!?

    新しいiPhoneやスマートフォンが出て、いざ購入しようとしたときに悩…

最近の記事

  1. ひらくPCバッグevernoteレビュー
  2. WantedlyPeopleログイン画面
  3. サブディスプレイマウントアダプタ
  4. ギガモンスター
  5. 料金踏み倒し
PAGE TOP