Xperia

[公開日]2015/01/22
[更新日]2015/01/25

Xperia Z2 Tablet用プライバシーフィルムを買ったのでレビューしてみる。

Xperia用フィルム

前回、iPhone用のプライバシー保護フィルムを購入したところ非常に
良かったので今度は「Xperia Z2 Tablet」用にも欲しくなり、
Amazonでポチッとしたのでレビューします。
//www.idotch.net/6003.html

タブレット用のプライバシー保護フィルムは数少ない!

前回同様、3M製のプライバシー保護フィルムを探したのだが、
Xperiaタブレット用というのがない。

仕方なく他のを探すが、数えるくらいしかないんですね。

しかも、この手の製品のニーズがないためかユーザーレビューもほとんどない。

まぁ、プライバシーフィルムを貼るとどうしても画質がちょっと悪くなるし、
プレゼン時にお客さんに画面を見せるのも苦労するからと言う理由でニーズが
ないのかもしれない。

でも、

画質が悪くなろうが、ちょっと不便になろうが構わない!

そんな事よりも、他人に自分の画面を覗かれなくする方が私的にはとても重要。

なので、レビューのついてない
「のぞき見防止(上下左右4方向)プライバシー保護フィルム」
この商品を買って人柱になってみます。

価格は送料込みで3,480円とちょっと高いが、効果はどの程度か?早速私の
Xperia Z2 Tabletに貼ってみる。

XPERIAタブレット用フィルム

ほう、これもまたペラペラの保護フィルムを貼る時よりも
簡単に貼れちゃいました。しかも気泡も入らずキレイに。

手触りは、3M製のフィルム同様サラサラで気持ちが良く、レスポンスも上々。
保護フィルムを貼ってない状態とほぼ変わりないですね。

では、本題のプライバシー保護の効果を見てみましょう。

まずはビフォー。

XPERIAタブレット用フィルム

これはExcelのサンプルデータを明るさMAXで開いたところ。

XPERIAタブレット用フィルム

いやぁ、キレイですねぇ。美しいとも言えるほどの発光で見とれてしまいます。

こんな感じでセルひとつひとつの数値が丸見えです。

続いて、アフター。

XPERIAタブレット用フィルム

おぉっ! Σ(゚д゚lll)

XPERIAタブレット用フィルム

うっすらと数字は見えるが、読み取れないレベルです!
明るさをMAXにしてこれなので、適度な明るさにすればもうほとんど見えません。

XPERIAタブレット用フィルム

もちろん正面からは、ちょっと粗い感じがしますがしっかりと見えます。

今回のプライバシー保護フィルムもアタリっす。
外出先で重要データを確認するケースが多い人にはオススメでっす!

ピックアップ記事

  1. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  2. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  3. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  4. 名刺管理「Wantedly People」が「Eight」を上回る使いやすさで最…
  5. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!

関連記事

  1. Retinaモデルとの比較

    タブレット

    iPad mini Retinaモデルと普通のを比較してみた

    昨年末はタブレット戦争とまで言われて、「iPad mini」を手に入れ…

  2. scansnap

    グッズ

    ScanSnap SV-600 マジでこんなのが欲しかった!

    「自炊(じすい)」という言葉をご存じだろうか。数年前から浸透してき…

  3. iphone修理キット

    iPhone

    iPhoneの割れた画面を自分で直せるグッズがあった!

    こんな感じでiPhoneを壊してしまった!!!!っていう経験無…

  4. オリジナル署名

    グッズ

    デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!

    「デキる人っていうのは、我々一般ピーポーとは全然違うなぁ。」と…

  5. ジョギング

    Xperia

    Xperia純正のライフログアプリ「Lifelog」使用感レビュー。

    自分の生活リズムをウェアラブルデバイスやアプリを利用して記録し…

最近の記事

  1. sitpack2.0外観
  2. スマホガラスコーティング
  3. AppleWatchはサウナで使えるか?
  4. MESH-Wi-Fi-DECO-M5
  5. Sidecarでデュアルディスプレイ環境
PAGE TOP