MVNO(格安SIM)

【公開日】

コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!

この記事の所要時間: 447

格安SIM

ドコモやau、ソフトバンクの3大回線でスマホを契約していると感じるのが
「パケット料金のバカ高さ」

一般的な料金体系だとパケット定額料金だけで5,000円以上で、それに基本料やらオプションやらなんやらが課金されて毎月8,000円近く支払っている方が多いんじゃないでしょうかね。

そこで、ランニングコストを下げるために選択肢として出てくるのが今話題の「格安SIM」です。

私も、この格安SIMによって毎月のランニングコストを半額まで落とすことに成功し、家計を助けてくれています。
(通信速度などの満足度は別として・・・)

ただ、この格安SIMは新規参入が激しいため多数の業者が存在しており、どこのSIMにしたら良いかわからないんですよね。

まさに、「選択肢が多すぎると消費者は選べない」状態。

今回は、その選べない状態に陥っている方のために、格安SIMのメジャー企業を5社に絞って価格や通信速度や通信量などを比較してみたいと思う。

格安SIMにする際に知っておきたいポイント

まず、格安SIMに切り替える際の注意ポイントをまとめておく。

    1. SIMフリー版のスマホもしくはドコモのスマホを用意しておく必要がある
    2. 格安SIM業者が提供しているスマホもあるがスペックが悪いのでお奨めしない
    3. 通信速度は基本的に遅めになる
    4. 格安SIMでも番号そのままのMNPは可能
    5. 格安SIM申込時は、SIMの形状を必ず確認しておくこと
    6. クレジットカード払いが必須(一部業者を除く)

以上の事を踏まえて格安SIMの検討に入ることをお奨めする。
では、メジャーな格安SIM業者の通話可能なSIMカードの料金とデータ通信のみの料金体験などを見ていきましょう。(スマホセット料金は除外しています。)

ぷららモバイルLTE オススメ度:★★★★★

plala-mobile

NTTぷららが提供する格安SIM。NTTグループということもあって通信速度、安定度の評判は高い。ランニングコストだけを見ると若干他社よりも高めではあるが通信速度とデータ通信量、価格のバランスがとれた格安SIMだろう。

 音声通話付きSIM
プラン名定額無制限定額7GB定額ライト
月額費用(税込)3,736円2,792円1,728円
通信量無制限7GB/月110MB/日
通信速度3Mbps150Mbps150Mbps
契約手数料3,240円
通話料21.6円/30秒
最低利用期間6ヶ月
解約手数料8,000円
 データ専用SIM
プラン名定額無制限定額7GB定額ライト二段階定額
月額費用(税込)2,980円2,036円972円290円〜2,550円
通信量無制限7GB/月110MB/日100MB/日
通信速度3Mbps150Mbps150Mbps150Mbps
契約手数料3,240円
通話料--------------------
最低利用期間--------------------
解約手数料--------------------

音声通話付きで契約するのであれば、「7GBの定額プラン(2,586円)」がオススメ。

※VISAデビットカード対応可能
※アメリカンエクスプレスカードは非対応
 
【公式サイト】ぷららモバイルLTE  

DMM mobile オススメ度:★★★★

dmmモバイル

DMMが提供する格安SIM。業界一のプラン数と低料金の価格設定。
申込みサイトもわかりやすく親切な設計。
プランは大きく分けると価格重視の「ライトプラン」と速度重視の「高速プラン」の2つがあるが、ライトプランは容量無制限と言っても通信速度が「200kbps」なので現実的では無い。選ぶなら「高速プラン」からだろう。

高速プラン(税込)1GB2GB3GB5GB7GB
データSIMプラン680円832円918円1,372円2,009円
通話SIMプラン1,361円1,588円1,674円2,128円2,765円

※7GB以上でも「8GB」「10GB」「15GB」「20GB」プランがあるが、その分料金も高くなる。
※VISAデビットカードでの申込みは不可

DMM mobileのスゴいところは、高速プランの場合「通信速度制限」が無いという点。通常、3日間で○○○MB以上の通信量を超えた場合は速度制限が入るがDMMの場合はそれがないので安心して利用できる。オススメとしては音声通信付きの3GBプラン(1,674円)。これがストレス無く利用できるプランだと思う。

【公式サイト】DMMモバイル

So-net モバイル LTE オススメ度:★★★

ソネットモバイル

ソネットが提供する格安SIM。ソニーグループだけあってブランド力は高い。
下りの速度が225MBというのは格安SIMとしてはかなり高速。

但し、パソコンと接続して通信する場合、あっという間に制限速度が入ってしまうためデータ通信をメインに考えるには不向きかと。オススメプランは「+Talk S2(2,041円)」だが、あくまでもスマホだけで通信を行う場合。月間1.5GBの高速通信はあっという間にオーバーしそうだがパケット通信を抑えればなんとか1.5GBで収まるかも知れない。

プラン名月額料金通信量通信速度制限
+Talk S22,041円1.5GB上り最大:50MB
下り最大:225MB
3日間で360MB以上で
速度制限
+Talk L4,514円無制限上り最大:50MB
下り最大:225MB
1日360MBで速度制限
ハイスピードV5,198円5GB上り最大:50MB
下り最大:225MB
3日間で500MB以上で
速度制限
ハイスピードM23,218円3GB上り最大:50MB
下り最大:225MB
3日間で360MB以上で
速度制限

※初期費用は全プラン3,240円
※音声通話付きの「+Talkプラン」の最低利用期間は12ヶ月間。期間内の解約時には5,400もしくは8,640円の解約料金が発生する。
※VISAデビットカードでの支払いは不可

【公式サイト】So-net モバイル WiMAX 2+

mineo(マイネオ) オススメ度:★★★

マイネオ

ケイ・オプティコムが提供する格安SIM。
業界で唯一?au回線を利用したMVNOなのでau端末を利用することが可能。ただし、au版のiPhoneを利用する場合はiOS8以降は非対応なので対応機種について注意深く確認する必要がある。

タイプ(税込)500MB1GB3GB5GB
シングルタイプ
(データ通信のみ)
756円918円1,058円1,706円
デュアルタイプ
(音声通話付き)
1,415円1,577円1,717円2,365円
通信速度au 4G LTE相当(下り最大:150Mbps/上り最大:25Mbps)

※一部デビットカードは利用可能

【公式サイト】mineo

IIJmio オススメ度:★★

iijmio

インターネットイニシアティブが提供する格安SIM。
さすがプロバイダ業界の老舗だけあって、格安SIMでも認知度は非常に高い。
私もこのIIJmioを契約中。(ただ通信速度には若干の不満あり)

みおふぉんプランミニマムスタートライトスタートファミリーシェア
通信量3GB5GB10GB
月額料金1,728円2,398円3,521円
初期費用3,240円
通信速度下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
データ通信プランミニマムスタートライトスタートファミリーシェア
通信量3GB5GB10GB
月額料金972円1,642円2,765円
初期費用3,240円
通信速度下り最大225Mbps
上り最大50Mbps

※3日間で366MBを超えた場合に通信速度に規制が入る。
※VISAデビットカードでの申込みが可能

【公式サイト】IIJmio



ピックアップ記事

  1. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  2. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  3. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  4. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  5. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …

関連記事

  1. 総務省SIMロック解除

    android

    総務省「SIMロック解除」ガイドラインに関するまとめ

    2014年12月22日に総務省が「SIMロック解除のガイドライン」を改…

  2. ソフトバンク中古iPhone

    MVNO(格安SIM)

    Softbankの機種を格安SIMで利用するためにクリアしなければならない3つのポイント

    大手キャリア3社のうち、ドコモ・auの端末に関しては格安SIMがた…

  3. XperiaJ1 Compact

    android

    格安SIMのXperia J1とZシリーズ(3/4/5)と仕様比較をしてみた。

    Xperiaと言えば、各通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバン…

  4. MVNO(格安SIM)

    Xperia Z2 Tablet(au版)を格安SIMのマイネオにしてみる(前編)

    さて、昨年から使い続けているXperia Z2 Tablet(…

  5. ショック
  6. GL06PSTATUS

    MVNO(格安SIM)

    GL01Pを格安SIMにした時に必須のアプリ「GL06Pstatus」

    PocketWi-Fiを格安SIMに切り替えた場合、通信方式を手動で切…

最近の記事

  1. LEXIN LX-R6レビュー
  2. AUKEYワイドレンズ
  3. AMOVAフィルム傷防止保護フィルム
  4. アップルウォッチ
  5. iPhoneを探す
PAGE TOP