Xperia

【公開日】

Xperiaで撮影した動画を簡単に大画面テレビで楽しむ方法

この記事の所要時間: 235

Xperia画面キャスト

最近のスマホはカメラ機能の性能が高くなり、ひっじょーに綺麗な映像でムービー撮影が可能になっていますよね。私の使用しているXperia Z3は発熱問題はあるものの4K動画が撮影できちゃいます。

4K動画を撮影すると、スマホの小さい画面だけで4K映像を楽しむのは勿体なく、、、やっぱり大画面のテレビで見たくなっちゃいます。YouTubeにアップして、それをパソコンで見ても良いのだが、場合によっては
YouTubeに公開できないケースもある。(肖像権などの問題で)そんな時にスマホからどうやってテレビに映せば良いのか?

一番簡単なのはMHL変換ケーブルで接続すること

一番手っ取り早いのは、「MHL変換ケーブル」を利用してスマホとテレビをHDMIケーブルで接続すれば簡単にスマホで撮影した映像をテレビに映し出すことが可能。

価格はAmazonで1,000円〜2.000円前後。量販店だと2,000円は超えます。

ところが、4K対応ってなるともうちょっと高くなります。

Wi-fi接続ならChromecastが超便利!

前述のMHL変換ケーブルを利用した際のデメリットは、ケーブルの長さ。たいてい1メートル程度の長さなので、スマホはテレビの付近において操作をしないといけないため、テレビから離れて操作をするって事ができないってのが一番の難点。

それと、スマホとテレビ両方がMHL3.0に対応していなければ4K動画をテレビで見る事ができないってこと。そこで、便利なのがGoogleのクロームキャスト

クロームキャストの設定が出来ていれば、Xperia側からネットワークを通じて簡単に映像を見ることがデキちゃいます。

スマホの画面をテレビにミラーリング

画面キャスト設定

まずは、設定画面から「Xperia接続設定」-「画面キャスト」を選択すると、近くにあるクロームキャストを認識するのでそれを選択。

画面キャスト

そして、画面上から下に向かってスワイプをすると表示される「画面のキャスト」をタップしてさっき設定したChromecastを指定してあげると・・・

Xperia画面キャスト

Xperia画面キャスト

こんな感じで、スマホの画面そのままがテレビに映し出されます。

縦表示の場合は、テレビの中央に縦画面表示され、スマホの画面を横画面にすれば、テレビ画面一杯に映像が映し出されます。

chromecast

Xperiaとクロームキャスト

これで、スマホで撮影した4K動画もバッチリテレビで見る事が出来ます。
残念ながら我が家のテレビは4Kではないですけどね。。。



ピックアップ記事

  1. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  2. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  3. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  4. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  5. ソフトバンクオンラインショップで審査通過?!機種変更体験レポート(Xperia …

関連記事

  1. ひかりTV(ST-3200)

    グッズ

    ひかりTV(ST-3200)がわが家にやってきた!これはマジ便利!

    うちの娘が「ディズニーチャンネル」が見たいっつーことで、テレビにもとも…

  2. ヤフオク

    Xperia

    使わなくなったXperiaタブレットなどをヤフオクに出品してみた。

    ほとんど使っていないデジタルグッズを処分しようとヤフオクに出品…

  3. グッズ

    dodocool磁気マウントは車載ホルダー以外にも用途はたくさん!使い方はあなた次第。

    今回もdodocoolさんから、「カーホルダー磁気マウント」の…

  4. Xperiaタブレット

    Xperia

    XperiaタブレットがiPadよりもスゴいところはコレッ!

    「iPad mini」から「Xperia Z2 Tablet」に乗り換…

  5. ApplePencil

    グッズ

    Apple Pencilはスタイラスペンと比較してどう違うのか?

    今回Appleが発表した製品の中で個人的に一番気になっているの…

  6. バンカーリング3で落下防止

    android

    スマホの落下防止ならバンカーリング3!

    通勤電車でiPhoneやスマホを見る人は必見のグッズです。スマホだ…

最近の記事

  1. 料金踏み倒し
PAGE TOP