Xperia

【公開日】

Xperiaで撮影した動画を簡単に大画面テレビで楽しむ方法

この記事の所要時間: 235

Xperia画面キャスト

最近のスマホはカメラ機能の性能が高くなり、ひっじょーに綺麗な映像でムービー撮影が可能になっていますよね。私の使用しているXperia Z3は発熱問題はあるものの4K動画が撮影できちゃいます。

4K動画を撮影すると、スマホの小さい画面だけで4K映像を楽しむのは勿体なく、、、やっぱり大画面のテレビで見たくなっちゃいます。YouTubeにアップして、それをパソコンで見ても良いのだが、場合によっては
YouTubeに公開できないケースもある。(肖像権などの問題で)そんな時にスマホからどうやってテレビに映せば良いのか?

一番簡単なのはMHL変換ケーブルで接続すること

一番手っ取り早いのは、「MHL変換ケーブル」を利用してスマホとテレビをHDMIケーブルで接続すれば簡単にスマホで撮影した映像をテレビに映し出すことが可能。

価格はAmazonで1,000円〜2.000円前後。量販店だと2,000円は超えます。

ところが、4K対応ってなるともうちょっと高くなります。

Wi-fi接続ならChromecastが超便利!

前述のMHL変換ケーブルを利用した際のデメリットは、ケーブルの長さ。たいてい1メートル程度の長さなので、スマホはテレビの付近において操作をしないといけないため、テレビから離れて操作をするって事ができないってのが一番の難点。

それと、スマホとテレビ両方がMHL3.0に対応していなければ4K動画をテレビで見る事ができないってこと。そこで、便利なのがGoogleのクロームキャスト

クロームキャストの設定が出来ていれば、Xperia側からネットワークを通じて簡単に映像を見ることがデキちゃいます。

スマホの画面をテレビにミラーリング

画面キャスト設定

まずは、設定画面から「Xperia接続設定」-「画面キャスト」を選択すると、近くにあるクロームキャストを認識するのでそれを選択。

画面キャスト

そして、画面上から下に向かってスワイプをすると表示される「画面のキャスト」をタップしてさっき設定したChromecastを指定してあげると・・・

Xperia画面キャスト

Xperia画面キャスト

こんな感じで、スマホの画面そのままがテレビに映し出されます。

縦表示の場合は、テレビの中央に縦画面表示され、スマホの画面を横画面にすれば、テレビ画面一杯に映像が映し出されます。

chromecast

Xperiaとクロームキャスト

これで、スマホで撮影した4K動画もバッチリテレビで見る事が出来ます。
残念ながら我が家のテレビは4Kではないですけどね。。。



ピックアップ記事

  1. 名刺管理アプリ「Eight(エイト)」5つのスゴいポイント!
  2. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  3. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  4. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  5. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!

関連記事

  1. 歯間ブラシジェットウォッシャードルツ

    グッズ

    エアーダスターで歯間掃除してみた!もうジェットウォッシャーは不要?

    歯並びが悪い私が一番困っているのが歯間汚れやカスがなかなかとれ…

  2. サブディスプレイマウントアダプタ

    グッズ

    マウントアダプタでiPadをサブディスプレイに!Macbookにデュアルディスプレイ環境を。

    Macbookを使っているとどうしても画面(作業)領域が小さす…

  3. ステッカーファインド
  4. MagicMouse2レビュー

    Mac

    Magic Mouse2レビュー!MacbookよりもiMacに最適なマウス。

    Macbookを購入した際に同時購入したAppleのMagic…

  5. XperiaZ3強制終了

    Xperia

    Xperia Z3が急に発熱!液晶画面が表示されなくなったぞ!その時の解決方法は?

    朝、Xperia Z3の充電を忘れていたことに気づいて充電しな…

  6. L字パソコンデスク

    グッズ

    L字のパソコンデスクでリビングに自分専用の書斎(オフィス)を作ってみた!

    自宅に自分専用の書斎が欲しい、でもそんな部屋が無い。そんな中で考えたの…

最近の記事

  1. ひらくPCバッグevernoteレビュー
  2. WantedlyPeopleログイン画面
  3. サブディスプレイマウントアダプタ
  4. ギガモンスター
  5. 料金踏み倒し
PAGE TOP