アプリ

[公開日]2015/10/09
[更新日]2017/03/11

紙の書類をスキャンしてデータ化するならスマホアプリの「Office Lens」が便利!

bsGreen12_fax20141123134902

紙媒体を複合機を使ってデジタルデータに変換するっていう時代は今や昔のこと。今はもうスマホのアプリで簡単にできちゃうんです。

書類やカタログなど印刷された紙をスマホを使って手軽にデジタル化するには、以前紹介したEvernoteが提供しているスキャナーアプリ「Evernote Scannable – Evernote」がめちゃくちゃ便利なのだが、このアプリ、残念ながらiOS専用なのです。。。

そして今回紹介するのは、Android端末でも利用できるマイクロソフト社の「Office Lens」という無料アプリです。(iOS向けも提供されてますのでiPhoneでも利用が可能です)性能的にはScannableと同レベルなのでかなり役立つアプリなのでぜひ使ってみてください。

書類だけで無くホワイトボードの文字だってデジタル化

office-lens

iOS:Office Lens – Microsoft Corporation
AndroidOS:Office Lens GooglePlay

まずはOffice Lensをインストールしましょう。デジタル化されたデータをオフィスアプリと連携がスムーズにとれるので事前にマイクロソフトのオフィスアカウントを作っておくと良いでしょう。

OfficeLensスキャン設定

はじめに、デジタル化したい対象がなんなのかを設定します。スキャナーアイコンをタップすると選択肢がでてきますので、「書類」「ホワイトボード」「写真」の中から選択をします。

スキャナーアプリOfficeLens

そしたら、書類に向かって写真撮影をします。アプリ側が自動的に書類を認識して白枠で囲んでくれます。対象物が白枠で囲われたら、シャッターを押して「パシャリ」。すると斜めに撮影したデータも自動補正がかかり、まるでスキャナーでスキャンしたようなデータができあがります。

OfficeLens保存先

撮影が完了したら、保存マークをタップして保存先を選択します。スキャンデータの保存先は「OneNote」をはじめマイクロソフトのオフィスアプリやスマホのギャラリーから選択が可能。(保存を実行する際にはオフィスアカウントでのサインインが必要なので設定項目で予め入力しておくと良いです。)

ビジネスパーソンであればオフィスアカウントは保有しているかと思うので有効的に使えるアプリだと思います。ぜひお試しあれ!

ピックアップ記事

  1. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  2. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!
  3. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  4. コピペもバッチリ!Logicoolの「FLOW」でWindowsとMacをひとつ…
  5. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…

関連記事

  1. DuetDisplayアプリ
  2. ひかりTVを外出先から録画予約

    アプリ

    ひかりTV(ST-3200)のネットを使った便利な録画機能

    さて、先日契約をした「ひかりTV(ST-3200)」ですが、しばらくは…

  3. GoogleChrome

    アプリ

    Chromeブラウザの「タップして検索」が便利すぎる!

    スマホでは、ほとんどアプリを使って作業をすることが多いのでCh…

  4. tverアプリレビュー

    アプリ

    TVerアプリなかなかいいじゃないっ!見逃した番組をスマホで視聴

    先日からサービスが開始された「TVer(ティーバー)」。こ…

  5. アプリ

    一眼レフで撮影したように編集できるGoogleアプリ「Snapseed」

    一眼レフカメラの良さは「背景のボケ」ですよね。上の写真はC…

  6. アプリ

    AGEphone-ひかり電話がスマホでも!

    アゲフォンではありません、エイジフォンと読みます。高音質のIP電話…

最近の記事

  1. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  2. Logicool CraftとMX-master
  3. 高機能マウスMX-MASTER25
  4. ogicool craftコントロールホイール
  5. サイバークリーンでキーボードを除菌
PAGE TOP