グッズ

[公開日]2015/11/22
[更新日]2017/01/21

スマホの充電スピードに影響するアンペアについて調べてみた。

モバイルバッテリー

スマホやタブレットを充電すると、なんか接続する充電器によって充電されるスピードが違うってことないですか?こっちの充電器に接続するとちょっとの時間でも半分くらいは充電されるのにこっちの充電器だとほとんど充電されてない。

接続しているケーブルの断線が原因なんだろうかなんて考えちゃうが、チェックするべきなのは充電器のアンペア数なのだ。

アンペア(A)ってなんだろう?

中学時代に習ったっきりでもうすっかり忘れちゃったけど・・・アンペアっていうのは「電流」という意味で、電気の流れる量をあらわす単位のこと。

ちなみに「ボルト(V)」は電気を押し出す力で電圧で、「ワット(W)」は実際に消費される電気エネルギーで電力の意味。今回のようにスマホやタブレットなどの充電スピードについては「アンペア」だけを考えれば良いでしょう。

充電器のアンペアを見てみる

iPhone純正充電器

これはiPhone4純正の充電器であるが、これにUSBケーブルを接続してスマホに直挿しすると充電スピードがホントに遅いのだ。この性能を見てみると・・・

Input 100-240V – 50/60Hz 0.15A
Output 5V === 1A

こんな感じで、Outputが「1アンペア」となっている。

Xperia充電器

そしてこれが、XperiaZ3の充電スピードが速い充電機器。この場合は「1」と「2」の機器があるので、両方のアンペア数を見てみる。

充電器アンペア数

【1】
入力 AC100 240V 50/60Hz 10-20VA
出力 DC5.0V 2.0A

Xperia充電器

【2】
Input DC5.0-9.0V 1.8A
Output DC5.0-9.0V 1.8A

ここで注目しないといけないのが、出力(Output)のアンペア数。スマホなどの充電の対象物までに電気が届く量がどれだけ多いかによって充電スピードというのが変わってくる。

まとめると↓こんな感じ。

アンペア数による充電スピード

iPhone純正の充電器「1A」に対して、Xperiaの充電器は「1.8A」なので1.8倍の電気が流れていると考えられる。だから充電スピードも速いのだろう。モバイルバッテリーを購入する場合などには、この出力アンペア数とバッテリー容量を意識して購入することが重要でしょう。

ピックアップ記事

  1. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  2. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  3. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!
  4. タジマのレーザー距離計(メジャー)「LKT-P15」が安い割に正確!距離を測るの…
  5. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…

関連記事

  1. iphone5本革ケース

    iPhone

    本革のiPhone5Sケース「BOROFONE」マジで買って良かった!

    量販店やショップでは納得のいくiPhone5S用のケースがなかったので…

  2. iphone7純正レザーケース
  3. 206SH保護フィルム

    206SHレビュー・評価

    保護フィルムを206SHに気泡を入れずに貼ってみた。

    106SHを利用しているときは保護フィルムなんて貼っていませんでした。…

  4. ミルエネの利用結果

    グッズ

    FLET’Sミルエネで節電効果はあったのか?2年以上利用した結果・・

    NTTが提供しているサービス「ミルエネ」は、家庭内の日々の電力使用量を…

  5. GoogleHomeminiをBluetoothスピーカーにしてみた

    グッズ

    Google Home miniをBluetooth接続でパソコンのスピーカーとして使ってみた。

    先日紹介した「RyzenのCPUで自作したパソコン」は、コスパ…

  6. scansnap

    グッズ

    ScanSnap SV-600 マジでこんなのが欲しかった!

    「自炊(じすい)」という言葉をご存じだろうか。数年前から浸透してき…

最近の記事

  1. AppleWatchはサウナで使えるか?
  2. MESH-Wi-Fi-DECO-M5
  3. Sidecarでデュアルディスプレイ環境
  4. GoProアクセサリ3wayレビュー
  5. 圧縮タオルレビュー
PAGE TOP