android

[公開日]2016/06/12
[更新日]2017/01/20

スマホの画面が消えても(スリープモードでも)Wi-Fi接続を継続させる方法

PAK153130158_TP_V

今回は「超」がつくほどニッチなネタです。
スマホを利用する際に、通信制限を気にするために普段からWi-Fi接続で利用するケースは結構あります。が、通常の設定のままだと画面が真っ黒になった場合(スリープモード)、内部的にはWi-Fi接続は終了してしまいます。

その為、スリープモードの場合にLINEやメールなどの通知を知らせるのは4Gや3Gでの接続となり、パケット通信が発生します。このスリープモードでもWi-Fi接続をずーっと継続させておけばパケット通信をせずに通知を受けることが可能になります。

Wi-Fi接続のスリープモード解除方法(Xperia編)

私が愛用している「Xperia Z3」を例に解説します。

Wi-Fi接続設定

まずは、設定画面から「Wi-Fi」を開き、右上の虫眼鏡右隣の点々マークをタップし、「詳細設定」を選び、「スリープ時のWi-Fi接続」をタップします。

Wi-Fi接続設定方法

通常は「接続を維持しない」が選択されているので、これを「接続を維持する」に変更します。これだけで、スマホがスリープモードになっても継続してWi-Fi接続が継続されるようになります。

使わなくなったAQUOSPHONE Xx 206SHを有効活用

さて、今回この超ニッチな記事を書いたのは、実は使わなくなったAQUOSPHONEをもう一度活用しようと言うことがキッカケ。

ヤフオクに出そうとも考えたが、相場を見たら数千円という感じで出品がされていてしかも入札件数がほとんどないという状況だったので、それであればちょっとでも、この206SHにももう一回活躍してもらおうとなったわけです。

で、何に利用しようかと考えた結果、以前記事にしたSkype専用の電話として利用してみようかということに。

この206SHにはSIMカードが無いので、Wi-Fi接続でしか通信は出来ない。なので、Skypeを利用する際には常にWi-Fiに接続されていないとダメなんですね。

206shのWi-Fi接続設定

ということで、この206SHの設定も前述同様、設定をします。
Wi-Fi設定から、画面下の三本線のマークをタップし「詳細設定」を選択し、「Wi-Fiのスリープ設定」をタップします。

206shWi-Fi設定

で、「スリープにしない」を選択して完了。設定方法はXperiaとほとんど同じですね。これで、SIMカードが無くてもWi-Fi環境があれば、この206SHは常にSkypeを利用して着信受話もできるし、もちろん発信も出来るようになりました。

スリープモードでもWi-Fi接続する際のデメリット

スマホの画面がスリープモードになっている状態でもWi-Fi接続を継続させると、バッテリーの消耗が早くなるというデメリットがあるので注意が必要です。

ピックアップ記事

  1. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  2. 人工知能搭載の「Wantedly People」が名刺管理アプリのスタンダードと…
  3. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  4. コピペもバッチリ!Logicoolの「FLOW」でWindowsとMacをひとつ…
  5. デキるビジネスマンは自分だけのサイン(署名)を持っていた!

関連記事

  1. スマホの防水機能に対する誤解

    android

    Xperiaなどの防水スマホに対するちょっとした誤解

    Xperiaの防水機能はIPX5/8っていうからスゴい。上…

  2. ces2015

    android

    Xperia Zシリーズ「Lollipopへアップデート!」の誤解

    2015年1月5日に開催されたCES 2015(コンシューマー・エレク…

  3. Googleからのプレゼント

    android

    Google Playからのメルマガは見逃してはいけない!

    みなさんは企業などからのメルマガって見てます?私は毎日…

  4. android

    Softbank Wifiスポットに繋がらない!

    1週間前くらいから、SoftbankのWifiスポットに繋がらなくなっ…

  5. 106SH灯台下暗しの快適化

    106SH特集

    106SHを快適化する方法

    先日のSoftbank Wifiスポットアプリの不具合により、仕方なく…

最近の記事

  1. AppleWatchはサウナで使えるか?
  2. MESH-Wi-Fi-DECO-M5
  3. Sidecarでデュアルディスプレイ環境
  4. GoProアクセサリ3wayレビュー
  5. 圧縮タオルレビュー
PAGE TOP