android

[公開日]2016/11/29
[更新日]2017/01/19

海外の格安スマホはメイン機として使えるのか?「Bluboo Maya Max 4G」徹底レビュー!

格安スマホBLUBOOレビュー

前回の「マグネット式充電ケーブル(M2)に引き続き、GearBestさんから格安スマホ「Bluboo Maya Max 4G+ Phablet」をご提供頂いたので、約1週間ほどメイン機として利用し続けてみたので細かくレビューをしてみたいと思います。

Bluboo Maya Max 4G+ PhabletのスペックをXperia・iPhone7と比較してみる

まず気になるのが製品仕様ですね。現在利用しているXperia Z5、iPhone7 Plusとスペックを比較してみます。

Bluboo iPhone7 Plus Xperia Z5
サイズ(mm)
幅×高さ×厚さ
81.8×162.2×90 77.9×168.2×7.3 72×146×7.3
ディスプレイ 6インチ 5.5インチ 5.2インチ
CPU MTK6750
1.5GHz
(オクタコア)
64ビット A10
Fusionチップ
MSM8994
2.0GHz/1.5GHz
(オクタコア)
メモリ RAM:3GB
ROM:32GB
RAM:3GB
ROM:32/128/256GB
RAM:3GB
ROM:32GB
防水機能 無し あり あり
指紋認証 あり あり あり
電子マネー 無し あり あり
バッテリー容量 4,200mAh 2,900mAh 2,900mAh
重量 211g 191.25g 154g

こうやってiPhone7やXperiaと比較してみると防水機能が無いってことが劣っているくらいでその他は遜色ないスペックですね。今どきのスマホはバッテリーの消耗が激しいのでBlubooのように大容量バッテリーはありがたい。また、「MTK6750」というCPUは国内で販売されているスマホでは搭載されていないようなのでどの程度の力を秘めているのかは後述するベンチマークをご覧下さい。

Bluboo Maya MAXを早速開封してみる。外観レビュー。

Bluboo格安スマホ開封

こちらがパッケージから取り出したところ。iPhoneやXperia同様、同梱物は至ってシンプルです。(充電用のアダプタは海外用のため日本国内では使用出来ないです)

ちょっと親切だなって思ったのは、ソフトケースが予め同梱されているってところ。こういった格安スマホは市場にあまり出ていないのでBluboo向けのケースなんて見つけられないですもんね。でも残念ながらこのソフトケース、くそダサかったので付けていません。。。(BestGearさんゴメンナサイ・・・)

Bluboo日本語マニュアル

海外製のスマホだと、操作ができるかどうかが不安なので一応マニュアルを見てみるが日本語での解説は4ページ分だけで、しかも操作方法については一切説明は無し。大丈夫かなぁと心配しちゃいましたが、OSはXperia Z5と同じアンドロイド6.0なので基本的な操作は一緒で特に迷うこと無く操作はできました。

Bluboo充電端子はUSB-typec

ちょっと驚いたのは、このBluboo Maya Maxの充電端子はなんと「USB Type-C」なんです。Apple製品が今後Type-Cにしていくということで、こちらも追随しているといった感じでしょうか。

Bluboo格安スマホレビュー

では実際に本体を持って電源をオンっ!一番最初の起動時は数分間時間を要しましたが、2回目移行は数分とかからずに起動することが可能です。(OSのアップデートがありますので、必ずアップデートを行うようにしましょう)

※言語選択で「日本語」を選べば、国内のスマホとまったく同じ状態になりますので海外製だからと行って不安になることは一切無しです。

bluboo-review05

このBlubooを持つとわかりますが、とにかくデカい。重たいとはあまり感じませんがとにかくデカい。Xperia Z5でもデカいなって思ったくらいなので、6インチスマホはさすがに大きすぎる。。。といってもiPhone7 Plusもこんな感じですけどね。

BlubooとXperia Z5比較

ディスプレイ(シャープ製ディスプレイ)については、Blubooだけを操作しているのであれば基本的には綺麗な画面ですが、Xperia Z5に慣れている私にとってはちょっとだけ見劣りしてしまいますね。この点については、Blubooが劣っていると言うよりはXperiaのディスプレイ技術の方が高すぎるということでしょう。

格安SIMを挿入して実際にデータ通信はできるのか?

bluboo-review09

この格安スマホはSIMフリーなので、基本的にどのSIMカードを入れても対応ができるはず。ということで、以前からPocket Wifiで利用していたIIJ mioの格安SIMを挿入してみる。

設定方法については下記のAPNのところを参照。

bluboo-review10

そして、「モバイルネットワーク設定」-「アクセスポイント名」で新規で「IIJ mio」のAPNを登録すると問題なくデータ通信が可能な状態になりました。またまた驚くことに、このBluboo Maya MaxはデュアルSIMってことでもう一つの番号も使うことがデキるんです。まぁ、私の場合はこのIIJ mioしか無いので試せませんが。。。

今回の格安SIMはデータ通信のみの契約のため、通話はできませんがSkype(スカイプ)を利用すれば電話通話も可能になります。

また、このBlubooはテザリングもできるのでPocket Wi-Fiの代替機としても利用出来ちゃいます。これはホント便利。(Pocket Wi-Fiのバッテリーがへたってきていたので、この大容量バッテリー搭載のBlubooを持っていればとても安心)

Bluboo Maya Maxの指紋認証機能の精度はどうか?

Bluboo指紋認証機能

実はこの機能をめちゃくちゃ期待して、GearBestさんにご提供頂いたというところもあります。なにせXperia Z5の指紋認証機能はホントに使えないからね。この海外製のスマホではいったいどの程度の指紋認証精度なのか実際に試してみました。

指紋登録作業は、背面の指紋センサー部分を5-6回タッチするだけで登録は完了します。(ちなみにXperia Z5での登録作業時は20回ほど必要です)

たった数回のタッチだけでホントに指紋を認識するのか?って疑問に思いましたが、意外や意外、めちゃくちゃ認識精度が高いです。この1週間、すべて指紋認証を使ってロック解除を行ってみましたが、エラーとなったことが無いです。指が多少湿っていても問題なく認識します。

格安スマホ「Bluboo Maya Max」のレスポンスはどうなのか?

前述したCPU「MTK6750 1.5GHz(オクタコア)」というのはいったいどの程度かをベンチマークアプリ「AnTuTu」を利用して実験してみました。

Blubooベンチマーク結果

ベンチマークの結果、Bluboo Maya Maxの数値は「43013」。(Xperia Z3で「42452」という数値ですのでZ3と同等レベルです)

ベンチマークランキング

ベンチマークのランキングを見てみると、iPhone7 Plusが圧倒的な力を見せつけています。Bluboo Maya Maxは、数値だけで見ると下位レベルに位置する結果となりました。

たしかに実際に操作をしていると、ちょっとモッサリ感があることは否めないがさほど気にすることも無いレベルなので個人的にはこのレスポンスでも充分かなという感じがします。むしろ数値上では、高評価のXperia Z5の方がBlubooよりもレスポンスが悪いんじゃないかな。

メイン機として使ってみた感想のまとめ

最初は、「海外製の聞いたことも無いブランドのスマホってどうなの?まぁ、使ってもサブ機としてかな。」といった印象を持っていたBluboo Maya Maxでありますが、実際に利用してみると格安SIMは使えるし、テザリングも問題なく出来る、レスポンスも悪くない。結構使いやすい機種という感じです。

この機種に防水機能と電子マネーの機能が搭載さえされれば間違いなく、メイン機種として使っても問題ないレベルです。しかもこのスマホの本体価格は今日時点で$166.42(約19,000円)ですから、スマホに掛ける金額を極力抑えたいって人にとってはうってつけの機種だと思いますよ。マジで。

今回の様に格安SIMさえ持っていれば、2年縛りにとらわれることなく好きなタイミングで自分の好きなスマホに乗り換えられちゃうって言うのはホントに便利です。今までは日本国内でメジャーな機種しか見てきていませんでしたが、海外まで視野を広げればもっともっとスマホライフは充実していきますね!

今回レビューした機種の詳細ページはこちら(GearBestサイト)

※GearBestでは、ASUS ZenFoneやLenovo ZAK Z2など海外製SIMフリースマホを格安で多数販売していますので、SIMフリースマホを探している方にはぜひおすすめしたいサイトです。https://www.gearbest.com/

ピックアップ記事

  1. スマホの携帯料金を滞納・踏み倒したブラックリスト入りした人でも契約審査に通過する…
  2. iPadをサブモニターに変換、デュアルディスプレイ化するアプリ「Duet Dis…
  3. コスト重視「格安SIM」メジャー5社の価格・通信速度を比較してみた!
  4. SoftBank Airを仕事部屋専用回線として設置してみたので通信速度や使い勝…
  5. 私の年収は587万円!あなたの適正年収がわかる「MIIDAS」を試してみよう!

関連記事

  1. wiiスマートフォン

    android

    任天堂がスマホを作るとこうなるんじゃなかろうか?

    これは「T3.com」がYoutubeに掲載している情報です。要約…

  2. さすがアップル、カレンダーアプリのデザインも最高

    android

    カレンダーアプリで見栄えの良いのはどっち?

    スケジュール管理は見栄えが重要ここ数年の私は、手帳は持つものの手帳…

  3. 206SHレビュー外観編

    106SH特集

    206SHと106SHを比較してみた!(その1:外観編)

    先日記事にしたとおり、AQUOSPHONE Xx 106SHから206…

  4. やっぱりiphone

    android

    やっぱりiphoneは最高です。

    あいも変わらずAQUOS PHONEXx106SHは調子が悪く、地面に…

  5. 緊急地震速報誤報

    106SH特集

    緊急地震速報の誤報で気づいたAndroidスマホの利便性

    2013年8月8日の夕方に「66秒後に大きな地震が来ます。震度6」って…

  6. タブレットパソコン化

    android

    Xperia Z2 Tabletをパソコン化レビュー【マウス編】

    Androidタブレットはマウス操作ができるって言うのがメリットの一つ…

最近の記事

  1. sudio tolvレビュー
  2. タジマレーザー計測器LKT-P15レビュー
  3. Logicool CraftとMX-master
  4. 高機能マウスMX-MASTER25
  5. ogicool craftコントロールホイール
PAGE TOP